actions

てらそままさき


てらそま まさき1962年5月8日[1] - )は、日本男性俳優声優ナレーター兵庫県西宮市生まれ、大阪府出身。身長178cm。体重74kg。血液型はA型。

本名は寺杣 昌紀(兼旧芸名だが、今でも声以外で出演する場合で使用。後述)で、旧芸名はてらそま 昌紀。どちらも読みは同じである。劇団俳優座オフィスPSCを経て2003年よりマウスプロモーションに所属。

代表作は座・新劇『村岡伊平治伝』の村岡伊平治、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』の飛段、『仮面ライダー電王』のキンタロス、海外ドラマ『ER緊急救命室』のルカ・コバッチュなど[2]

来歴

桐朋学園大学短期大学部卒業後、劇団俳優座に所属。元々は体育教師を志望していたが、映画好きの兄の影響と、高校時代につかこうへいの舞台を観劇したのがきっかけで方向転換したという。1984年Wの悲劇』で映画デビュー。その後、『Wの悲劇』のメガホンを取った澤井信一郎や、高校時代から懇意にしていた堀川弘通の監督作品の常連となり、現在も各種ドラマでのバイプレーヤーとして活躍している。

現在は声優としても活躍している。声優デビュー作である[3]1987年の『仮面ライダーBLACK』でシャドームーンの声を担当し注目されたが、その後は東映制作の特撮ドラマ以外では声優での仕事は少なかった。本格的に声優活動も行うようになったのは1999年に俳優座を離れてからである[3]。主に洋画吹き替えを担当することが多いが、アニメやナレーションなどにも出演している。

芸名を変えた理由は「(杣という字が読みにくかったので)読みやすい方がいいかなと思った」ことによる。ただし、声のみの出演以外では漢字の寺杣 昌紀を使う。

人物

スポーツは観戦も実際にプレーするのも共に好きで、観戦ではプロ野球阪神タイガースのファンを自認。本人は高校時代にバレーボールをプレーしていた。

妻は22歳の時に結婚した桐朋学園の先輩。長女はコンテンポラリーダンサー振付家の寺杣彩。「マロン」という名の雌のマルチーズを飼っている。

嫌いな食べ物は寿司

エピソード

『仮面ライダー電王』でのキンタロスは関西弁の設定であるが、てらそま自身が大阪府出身のためにネイティブの大阪弁アテレコを行っている。ただし、関西弁≠大阪弁であるため、そのままの大阪弁を用いているわけではない。たとえば「泣ける」ことを表す、実際の大阪弁では「泣けんで」のようになる事もある表現は、非関西弁話者が誤って「泣けない」という意味に解釈する可能性があることから、誤解を避けるために「泣けるで」という様に撥音便を用いない表現に置き換えられている。

出演

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ

テンプレート:Dl2

映画

テレビアニメ

テンプレート:Dl2

劇場アニメ

テンプレート:Dl2

OVA

テンプレート:Dl2

Webアニメ

ゲーム

テンプレート:Dl2

ドラマCD

BLCD

  • 愛してる(マスター)
  • 間の楔 I 〜DESTINY〜(アレク)
    • 間の楔 II 〜NIGHTMARE〜
  • 吸血鬼には向いてる職業(薔薇原トオル)
  • クリムゾン・スペル2(マルス)
    • クリムゾン・スペル3
  • 慈英×臣シリーズ
    • あざやかな恋情(丸山浩三)
    • やすらかな夜のための寓話
    • はなやかな哀情
    • たおやかな真情
  • ハート・ストリングス(衛藤軼基)
  • 華と龍(荒木仁志)
  • 秘密のゴミ箱で恋をして(田上慶吾)

吹き替え

担当俳優

テンプレート:Dl2

映画

ドラマ

アニメ

舞台

特撮

テンプレート:Dl2

ナレーション

その他

  • COMPLETE SELECTION MODIFICATION DEN-O BELT & K-TAROS(2017年9月、玩具) - キンタロス 役

脚本

  • COLLECTION DVD イマジンあにめ 2 第13話 モモタロスの花占い

ディスコグラフィ

キャラクターソング

発売日 商品名 楽曲 備考
2007年
8月1日 PERFECT-ACTION -DOUBLE-ACTION COMPLETE COLLECTION- 野上良太郎(佐藤健)&キンタロス(てらそままさき Double-Action Ax form」
「Double-Action Ax form キンタロスセリフver.」
特撮ドラマ『仮面ライダー電王』挿入歌
12月19日 Climax Jump DEN-LINER form モモタロス(関俊彦)・ウラタロス(遊佐浩二)・キンタロス(てらそままさき)・リュウタロス(鈴村健一 Climax Jump DEN-LINER form」
「Climax Jump DEN-LINER form モモ、ウラ、キン、リュウ セリフver.」
「Climax Jump DEN-LINER form キンタロスセリフver.」
「Climax Jump "泣けるでぇ!" Ax re-Mix」
特撮ドラマ『仮面ライダー電王』オープニングテーマ
2008年
4月16日 Double-Action CLIMAX form モモタロス(関俊彦)・ウラタロス(遊佐浩二)・キンタロス(てらそままさき)・リュウタロス(鈴村健一)・デネブ(大塚芳忠 「Double-Action CLIMAX form」 映画『劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』主題歌
10月1日 いーじゃん!いーじゃん!スゲーじゃん!? キンタロス(てらそままさき 「Climax Jump Ax form」
「Climax Jump Ax form(キンタロスセリフVer.)」
特撮ドラマ『仮面ライダー電王』オープニングテーマ
2009年
4月22日 超Climax Jump モモタロス(関俊彦)・ウラタロス(遊佐浩二)・キンタロス(てらそままさき)・リュウタロス(鈴村健一)・コハナ(松元環季)・ナオミ(秋山莉奈)・オーナー(石丸謙二郎)・幸太郎(桜田通)・テディ(小野大輔 「超 Climax Jump」
「超 Climax Jump 〜PARTY MIX〜」
映画『劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦』主題歌

脚注

注釈

出典

  1. 『日本音声製作者名鑑2004 vol.1』、75頁、小学館、2004年、ISBN 978-4095263014
  2. マウスプロモーション公式プロフィールより
  3. 3.0 3.1 『東映ヒーローMAX』 Vol.5、辰巳出版、2003年、96項
  4. 2013年12月12日(木)に神山健治監督のオリジナルアニメーションが公開!”. アニメイトTV. . 2013閲覧.
  5. [スニーカー文庫公式サイト]ザ・スニーカーWEB”. KADOKAWA. . 2018閲覧.
  6. インデペンデンス・デイ”. 金曜ロードSHOW!. . 2016閲覧.
  7. 宇宙戦争〜WAR OF THE WORLDS”. 日曜洋画劇場. . 2016閲覧.
  8. 華麗なるギャツビー”. WOWOW (2016年6月24日). . 2016閲覧.
  9. タイタンの戦い”. 日曜洋画劇場. . 2016閲覧.
  10. デイ・アフター 首都水没”. 日曜洋画劇場. . 2016閲覧.
  11. ピラニア リターンズ”. ふきカエル大作戦!!. . 2017閲覧.
  12. マン・オブ・スティール”. 金曜ロードSHOW!. . 2016閲覧.

外部リンク

テンプレート:マウスプロモーション テンプレート:仮面ライダーシリーズ歴代主演戦士役俳優