actions

ローマの休日

ローマの休日
Roman Holiday
監督 ウィリアム・ワイラー
脚本 ダルトン・トランボ
ジョン・ダイトン
原案 ダルトン・トランボ
製作 ウィリアム・ワイラー
出演者 グレゴリー・ペック
オードリー・ヘプバーン
エディ・アルバート
音楽 ジョルジュ・オーリック
撮影 アンリ・アルカン
フランク・F・プラナー
編集 ロバート・スウィンク
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1953年8月27日
日本の旗 1954年4月21日(佐世保
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,500,000(見積値)[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $5,000,000[1]
世界の旗 $12,000,000[1]
配給収入 2億8404万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

ローマの休日』(ローマのきゅうじつ、原題:Roman Holiday

アメリカ映画。1953年作品。ウィリアム・ワイラー監督。永遠のスター、オードリー・ヘップバーンを生み出したロマンティック・コメディの名作。さる小国の王女が訪問先のローマで一日だけの「ローマの休日」を楽しみ、さまざまな思いを胸に秘めたまま王室の公務に戻っていくという物語が、太陽をいっぱいに受けた古都の名所の数々を背景に描かれる。伝統的なハリウッド・コメディのプロットに倣いながら、「別れ」で終わるラストシーンが甘くせつない余韻を残す。王女が長い髪をばっさり切り落とすヘアサロンのシーン、スクーターを暴走させて路上を大混乱させるシーンなど、名場面の宝庫でもある。ヘップバーンは本作でアカデミー主演女優賞を受賞、華々しいキャリアのスタートをきった。



楽天市場検索:


  1. 1.0 1.1 1.2 Roman Holiday (1953) - Box office / business” (英語). IMDb. . 2011年5月18日閲覧.
  2. 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)113頁