actions

小大下島

ファイル:小大下島位置図.png
小大下島(赤色)の位置とアクセス。青線が関係航路、黄線が安芸灘とびしま海道
小大下島
座標 東経132度54分7.8秒北緯34.189972度 東経132.902167度34.189972; 132.902167
面積 0.90 km²
最大都市 関前小大下
所在海域 瀬戸内海
所属諸島 関前諸島
所属国・地域 日本愛媛県
テンプレートを表示

小大下島(こおげしま)は、瀬戸内海のほぼ中央、芸予諸島に位置する有人島。愛媛県今治市に属する。地形図では、「こおおげしま」とふりがなが記載されているが、通常は「こおげしま」又は「こおげじま」と呼ぶ。

地理・自然

西に岡村島、東に大下島があり関前諸島を形成している。岡村島との間の海峡は小大下瀬戸(こおげのせと)と呼ばれる。島はほとんどが石灰岩で形成され、かつては盛んに採掘が行われた。採掘跡地には良質の水が湧き、水源地として利用され、海底管で西隣の岡村島へと送水されている。

歴史

かつては無人島で、草刈のための岡村島(岡村)と大下島(大下村)との入会地であったが、天保9年に二分された。文政2年頃から焼成が始まり、明治初期には石灰石の採掘が本格化した。第一次世界大戦当時には日本セメント、アサノセメント、住友鉱山など大手メーカーの鉱業所が立地し、大変な賑わい振りであった。戦後まもなくは、旅館、医院、遊技場もあり、芝居や映画もやってきたという。この賑わいは昭和30年頃まで続き、同年の国勢調査で人口665人とある。その後、露天掘りであり、海面下まで採掘が進み採掘量が減少し、鉱業所は閉鎖され、現在は漁業とミカン栽培中心の静かな島となっている。島内の各地に鉱山の遺跡が点在している。

社会

2012年(平成24年4月)の人口32人[1]、25世帯。集落は島の北西岸にあり、フェリーの寄航する漁港もこの集落にある。島民の大半は高齢者で、小学校・中学校とも島内にはない。

行政

岡村島・大下島とともに越智郡関前村を形成していたが、今治市及び越智郡の10か町村とともに新・今治市となった。

交通

市営フェリー/高速船の時刻表

産業

大下瀬戸はサワラサバなどの好漁場で、関前村漁業協同組合では2006年から怒(漁場の名)で獲れたサバを「怒サバ」(いかりさば)として売り出しを図っている。

名所

  • 水源地
  • 山神社

脚注

  1. 関前諸島地域振興計画 (PDF)”. 愛媛県総務部. . 2011閲覧.

テンプレート:芸予諸島