操作

寧波市

中華人民共和国 浙江省 寧波市
略称:


浙江省中の寧波市の位置
浙江省中の寧波市の位置
中心座標 東経121度33分0秒北緯29.86667度 東経121.55度29.86667; 121.55
簡体字 宁波
繁体字 寧波
拼音 Níngbó
カタカナ転写 ニンポー
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
浙江
行政級別 副省級市
市委書記 劉奇
市長 盧子躍
面積
総面積 9,816 km²
市区 2,634 km²
海抜 150 m
人口
総人口(2012) 763.9 万人
人口密度 602.9 人/km²
市区人口(2008) 218.2 万人
経済
GDP(2013) 6582.21億元
一人あたりGDP 69,997元
電話番号 0574
郵便番号 315000
ナンバープレート 浙B
行政区画代碼 330200
市樹 クスノキ(樟樹)
市花 ツバキ(茶花)
公式ウェブサイト http://www.ningbo.gov.cn/

寧波市(ねいはし、ニンポーし、中国語: 宁波市拼音: Níngbōshì英語: Ningbo呉語寧波弁:Ning Pou)

中国華東地方,チョーチヤン (浙江) 省東部,ハンチョウ (杭州) 湾南岸の湾口付近にある特別市。ヨン (甬) 江支流のヤオ (姚) 江とイン江との合流点にある。ニンポー市区のほかユイヤオ (余姚) 市など3市とシヤンシャン (象山) 県など3県から成る。春秋時代に越のぎん邑として開け,唐代には明州の治所となって,日本の遣唐使船も入港した。宋代には河口のチェンハイ (鎮海) に外港がおかれ,日本,東南アジア,アラビアなどとの貿易でにぎわい,明代には日本の勘合船の入港地となっている。 1842年南京条約で開港されたが,シャンハイ (上海) に繁栄を奪われた。省北部の工業都市の一つで,綿紡織,食品加工,機械,プラスチック,電池などの工業が盛ん。チョーカン (浙 贛) 鉄道のシヤオシャン (蕭山) と支線で結ばれる。付近にはアーユイワン (阿育王) 山,ティエントン (天童) 山などの名勝や,明代の蔵書家范欽の書庫天一閣がある。周辺地域はワタの主要産地であり,丘陵部では茶,タバコの栽培が盛ん。ユイヤオ市のアントン (庵東) を中心とした地域では製塩が行われる。シヤンシャン県は蛍石の産地。

脚注

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索:



座標: 東経121度33分0秒北緯29.86667度 東経121.55度29.86667; 121.55