actions

室蘭まちづくり放送

室蘭まちづくり放送株式会社
愛称 FMびゅー
コールサイン JOZZ1BA-FM
周波数/送信出力 84.2MHz MHz/20 W
本社・所在地
〒050-0084
北海道室蘭市
みゆき町2丁目13番1号
設立日 2007年(平成19年)11月
開局日 2008年(平成20年)8月10日
演奏所 所在地に同じ
送信所 室蘭市御前水町3丁目
母恋富士
中継局 伊達市館山町
放送区域 室蘭市、伊達市の各一部
公式サイト http://fmview.jp/

室蘭まちづくり放送株式会社(むろらんまちづくりほうそう)は、北海道室蘭市伊達市の各一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 FMびゅーの愛称でコミュニティ放送をしている。

概要

2001年(平成13年)12月にインターネットラジオ局を開設したボランティア市民団体・ぼこいふじエンターテイメントを中心に、室蘭市内の地元企業・団体が出資者・発起人になって設立された。 胆振日高圏としては初めてのコミュニティ放送局で、主要7都市(札幌市旭川市函館市室蘭市帯広市北見市釧路市)の中では最後発になる。 呼出名称は「むろらんエフエム」、当初の放送区域は室蘭市の一部地域だった。

  • 自主製作番組以外は主にNORTH WAVEの番組を放送している。同局は全道を放送対象地域としているものの、室蘭市周辺に中継局がなく聴取条件が悪いため、当局での再送信が行われるようになった。また、2018年度は平日・土曜の日中にミュージックバードの再送信を行った。
  • 2012年06月までは、設立母体であるぼこいふじエンターテイメント制作扱いとなる番組があった。同団体はFMびゅーに合流している。
  • 時報は、(チャリンチャリン)という自転車のベルの音を時報の合図にしている。
  • イベントもやっており、胆振地域のお祭り各所で中継を行う場合がある。
  • 室蘭まちづくり放送に行くと、生放送の番組を見学することができる。(会議などで見学ができない場合もある。)
  • 輪西町1丁目のスタジオには、第1スタジオと第2スタジオがあり、第1スタジオは主に生放送用。第2スタジオは番組の録音や、CMの録音に使われる。
  • FMびゅーカーと呼ばれる、営業・中継等に使用されている車が現在3台あり、いずれもFMびゅーのステッカーが貼られていて、目立つようになっている。
  • 2012年(平成24年)に伊達中継局を開局、伊達市の一部が放送区域となる。
  • 2015年(平成27年)に開局のwi-radioとはサイマル放送を行っている。
  • 2019年(平成31年)03月25日、みゆき町の輪西多目的センター4階へ移転。22日19時から一部時間帯を除き放送を休止し、25日7時より新スタジオより放送を開始[1]

放送エリア

会社概要[2]では、室蘭市・登別市・伊達市(大滝地区をのぞく)としている。

沿革

  • 2007年平成19年)11月 室蘭まちづくり放送会社設立
  • 2008年(平成20年)
  • 2012年(平成24年)
    • 8月02日 伊達中継局の免許取得[3]
    • 8月03日 伊達中継局開局

自社制作番組

  • おはよう太陽(毎日 6:00~6:05)
  • いってきますらっしゃい(月~金 7:00~10:00、生放送)
  • らふ(月~金 11:30~14:00、生放送) 
  • ジャンプ(月~金 17:00~19:00、生放送)
  • KanzyのMusicMountain(月 14:00~14:30)
  • いただきますごちそうさま(火 11:00~11:30、生放送)
  • 弁護士みらいカフェ(火 14:00~14:30)
  • セブンスガーデン(金 19:00~19:30)
  • 大山慎介の「復活」北海道!(土 17:00~18:00)

脚注

  1. FMびゅーの告知ツイッター
  2. 会社概要 FMびゅー(Internet Archiveのアーカイブ:2016年2月1日収集)
  3. 取得日は、無線局等情報検索結果(総務省電波利用ホームページ(国立国会図書館のアーカイブ:2015年11月2日収集))による。

関連項目

外部リンク