actions

宝塚映像

宝塚映像(たからづかえいぞう)は、兵庫県宝塚市にかつて存在した阪急阪神東宝グループ制作プロダクション映画製作会社宝塚映画製作所(たからづかえいがせいさくしょ)が経営不振から解散した後、1983年9月に新たに設立された。

本稿では前身の宝塚映画製作所も記載する。

概要

兵庫県宝塚市に本社が在り、大阪梅田に営業所がある。通称「宝映」「ヅカ映」。労働組合を設けている。主に製作したテレビドラマのロケーション撮影宝塚市西宮市川西市と阪急沿線を中心に行われた事で知られている。

主な番組

阪急ドラマシリーズ」(1965年 - 1994年・関西テレビ)は、阪急電鉄阪急百貨店阪急不動産の提供で数々の作品を世に送り出し人気を博した。スポンサーの関係で、主に京阪神の観光地(特に阪急沿線)が舞台であったり、当時の現役タカラジェンヌ宝塚歌劇団生徒)が主演級で登場したことも一つの特徴だった。

また、「ライオン奥様劇場」(フジテレビ系)の作品「ママは1年生」と「木曜ゴールデンドラマ」、「朝の連続ドラマ」(読売テレビ製作、日本テレビ系)、「月曜・女のサスペンス」(テレビ東京系)の各2本の作品も製作している。

CM

テレビCMでは三遊亭楽太郎を起用した祐徳薬品工業の貼り薬「パスタイム」(「気持ちんよかー」のフレーズで有名)のCM製作と、親会社の阪急電鉄等のCM製作も手掛けている。

主な事項

スタジオの存続運動

宝塚映画時代の撮影所は、大部分が隣接する遊園地・宝塚ファミリーランドの遊技施設敷地となり、大スタジオも同遊園地のイベントホールとして賃貸された。このため、遊園地の一角にテレビスタジオが存在する形となったが、遊園地は2003年に閉鎖され、スタジオも同時に閉鎖された。そのスタジオの存続のために、親会社の阪急電鉄と宝塚映像の経営陣に対して、存続を求めて労働組合が署名運動等を繰り広げた。[2][3] [4] [5]

阪神・淡路大震災以降

「阪急ドラマシリーズ」終了後、そのコンセプトを生かした旅番組「日だまり日曜日」をスタートしたが、1995年1月の阪神・淡路大震災で、社員は自宅待機を余儀なくされる。番組自体は続けられたが、その年の6月に終了した。事業は大幅に縮小し、番組製作部門は休止を余儀なくされた。

終焉

その後は阪急三番街の大型カラービジョン「ビッグマン」の運営・保守と主に阪急の系列の企業等の広報映像の作成・各企業の産業映像、人権・啓発を題材にした映画の製作等を行い、「阪急ドラマシリーズ」等を放送するファミリー劇場・各テレビ局等からの放映料による収入、同じ阪急阪神東宝グループの東宝国際放映製作作品の製作協力等(ただし、テロップ表示なし)の地道な営業活動と経営を行っていたが、阪急阪神東宝グループ内での事業再編の余波もあってからか2013年2月28日をもって会社は解散となった。

製作した番組

ここでは前身の宝塚映画製作所時代の作品も記する。

ドラマ

NHK

  • 製作経験なし

日本テレビ

TBS

フジテレビ

テレビ朝日

テレビ東京

情報番組

CM

宝塚映画製作所

沿革

  1. 1938年8月に兵庫県宝塚市に開設された映画撮影所、および映画製作会社。宝塚歌劇団の付帯事業からスタート。宝塚運動場(宝塚球場)跡地の一角[1]にスタジオを建設して映画を製作した。1941年戦局の悪化で閉鎖。
  2. 1951年に設立された映画製作会社。阪急電鉄が全額を出資。撮影所跡を改修して事業を開始。東宝争議で製作力が低下した東宝系の一翼として、多くの劇場用映画を製作した。1968年に劇場用映画製作から撤退。テレビ映画の製作を主体に切り替えていた。またかつては俳優も所属していた会社でもあった。

作品

映画

テレビ作品

  • 宝塚映像の作品を参照

所属していた俳優

関連書籍

関連会社

脚注

  1. 宝塚ファミリーランド内という説もある。 ([1]