操作

スカパー!プレミアムサービス

スカパー!プレミアムサービス(英称:SKY PerfecTV! Premium Service)は、スカパーJSAT株式会社が運営する衛星一般放送(東経124度・128度CSデジタル放送)のプラットフォーム(有料放送管理サービス)である。

東経124度通信衛星 (JCSAT-4B)及び同128度通信衛星 (JCSAT-3A)を用いて、衛星一般放送事業者スカパー・エンターテイメントがハイビジョン放送、同じく第一興商がラジオ放送として行っている各種専門チャンネルを配信するサービスである。また、運営するスカパーJSATは視聴契約・料金収受・番組案内・マーケティングや、受信装置の企画・販売・レンタル、設置工事の斡旋といった業務も担っており、各放送事業者と視聴者との橋渡し役となっている。

2012年平成24年)10月1日から現在の名称「スカパー!プレミアムサービス」となっている。2017年2月現在はスカパープレミアムサービスがハイビジョンがテレビ158ch・ラジオ100chとなっている(スカパー<110度CS・BS>は69chで、そのうちの35Chがハイビジョンになっている)。

概要

サービスの変遷

「パーフェクTV!」と「JスカイB」の合併
サービス名の「スカパー!」は、同社開始当初の東経128度CS放送プラットフォーム「パーフェクTV!」に、開始間近だった他社後発の東経124度CS放送プラットフォーム「JスカイB」が合併して出来た「スカイパーフェクTV!」の略称として公式に使用してきた用語を正式名称化したものであった。JスカイBは当時のJC-SAT衛星を使用しており、旧パーフェクTV!と受信アンテナ・チューナーが共有できることから、利用者の相互乗り入れができるように業務提携の関係を結んでいた。なお、英語表記はスカイパーフェクTV!時代からの「SKY PerfecTV!」を引き続き使用していた。このため合併以後、東経128度通信衛星での放送を「パーフェクTVサービス」、東経124度通信衛星での放送を「スカイサービス」と呼んでいる。
「ディレクTV」との統合
1997年12月から、当時競合していた宇宙通信が運営する衛星SUPERBIRD・Cを使用した「ディレクTV」が開局したが、大半のチャンネルが当時のスカイパーフェクTV!と重複することや、一部のスカパー!で提供しているチャンネルがディレクTVで提供していなかったことなどから経営的な不振により、2000年9月30日をもって、ディレクTVのサービスを終了し、ディレクTVの出資親会社だったアメリカのヒューズ・エレクトロニクスがスカイパーフェクトコミュニケーションズ(現・スカパーJSAT)に資本参加させ、希望契約者にスカパー!への契約移行・受信装置の無償提供を行い、プラットフォーム統合(スカパー!がディレクTVを吸収する形)を行った。
「スカパー!」へ変更
2012年平成24年)10月1日よりスカパーJSATにおける多チャンネル放送の統一サービス名として「スカパー!」を使用。そのうち衛星基幹放送(BSデジタル放送および東経110度CSデジタル放送)プラットフォームを「スカパー!」(旧・スカパー!e2)[1]光放送サービスを「スカパー!プレミアムサービス光」(旧・スカパー!光」)[2]という名称で運営している。詳細は当該項目を参照。
ハイビジョン放送(H.264)の開始
2008年(平成20年)10月1日から、DVB-S形式のMPEG4 AVC/H.264で圧縮される放送を開始した。SDに加えて、ハイビジョン放送(HDTV)が行えるのが特徴。「スカパー!HD」という名称でスタートしたこのサービスは、2012年(平成24年)10月1日から「スカパー!プレミアムサービス」となった。専用のH.264に対応した受信チューナーが必要である。日本語字幕放送を表示出来る。標準画質放送(MPEG-2)終了後は、SD放送もすべてH.264で送信されていたが、2014年(平成26年)10月28日をもって、全てのSD放送がハイビジョン化された。

基本サービス

契約者は全員、契約したチャンネルの月額料金に加え、別途基本料が必要[3]。契約者全員BSスカパー!が視聴可能となる[4]。加入料は、2017年10月1日より無料。

標準画質放送(MPEG-2)

標準画質放送は1996年(平成8年)9月30日 から2014年5月31日まで放送されていたサービスである。SD画質のみのサービスでMPEG-2方式により圧縮される。英文によるクローズドキャプションの表示が可能。H.264による放送が開始された2008年(平成20年)10月1日からH.264放送と区別するため名称が「スカパー!SD」となり、2012年(平成24年)10月1日から放送終了までは「スカパー!プレミアムサービス(標準画質)」となっていた。サービス終了でH.264へ移行しなかったとみられる25万2027件が解約した。

「スカパー!プレミアムサービス」と「スカパー!」

スカパー!が110°CS・BSデジタルアンテナとテレビやBDレコーダーなどに内蔵された機器で手軽に加入・視聴・録画できる点が強みなのに対し、「スカパー!プレミアムサービス」はチャンネル数およびハイビジョンチャンネル数の多さをアピールポイントとしている(「チャンネル数」及び「スカパー! チャンネル一覧」参照)。

なおスカパー!で放送されているチャンネルの大半はスカパー!プレミアムサービスでも放送されている(2013年(平成25年)4月時点でスカパー!のみの放送でスカパー!プレミアムサービスでは放送していないチャンネルは「TAKARAZUKA SKY STAGE」のみとなる)。一方「グリーンチャンネル」を除く公営競技やアダルトチャンネル及び日経CNBC、韓国・中国などのエンターテインメント、及びCS-PCM音楽放送の専門チャンネルはプレミアムサービスのみの放送となっている。また、旅チャンネルの様に「スカパー!プレミアムサービス」単独での放送から、「スカパー!」とのサイマルを行った後、再度「プレミアムサービス」のみの放送に戻ったチャンネルがある。

「スカパー!プレミアムサービス」のICカードにはチューナー機器情報が含まれているため、型番が異なるチューナーでの使用はできず、その旨のメッセージが表示される(対して、スカパー!で用いるB-CASカードは互換性があり[5]、対応機器なら挿し替えても使える)。

脚注

  1. 2012年平成24年)9月30日までは「スカパー!e2」。
  2. 2012年(平成24年)9月30日までは「スカパー!光」。
  3. スカパー!ヘルプセンター ヘルプコンテンツ一覧
  4. 視聴方法 BSスカパー!
  5. B-CASカードとminiB-CASカードの物理的な違いを除く。

関連項目

外部リンク