操作

大蔵村

おおくらむら
大蔵村
地方 東北地方
都道府県 山形県
最上郡
団体コード 06365-7
面積 211.63km2
(境界未定部分あり)
総人口 3,180
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 15人/km2
隣接自治体 新庄市村山市寒河江市
最上郡舟形町戸沢村
東田川郡庄内町西村山郡西川町
外部リンク 大蔵村の公式サイト

― 市 / ― 町・村

大蔵村(おおくらむら)は、山形県の北部、最上地方の南部にある人口約4千人の。「日本で最も美しい村連合」に加盟する。

地理

村の南側の大部分は月山、葉山と、それに連なる山々に覆われている。村内を南北に縦断する銅山川に沿った国道458号は、肘折以南が悪路の国道として知られている(十部一峠参照)。村の役場などの機能は新庄市にも近い村の北端、最上川付近に集中する。

気候

特別豪雪地帯に指定されており、大蔵村肘折地区に設置してあるアメダスの平年値は年間総降雪量1635cm、年最深積雪は321cmと本州屈指の豪雪地帯である。

  • 最高気温極値(1976/11 - )35.3℃(1994年8月13日)
  • 最低気温極値(1976/11 - )-22.9℃(1984年3月4日)[1]

人口

大蔵村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

歴史

大蔵村清水地区は、最上川の舟運の積出港として大きな規模を誇り、中世には、最上氏の一門により清水港の対岸に平山城である「清水城」が築かれ、最上地方南部の領国経営の中心地でもあった。江戸時代に最上地方の領国経営の中心が新庄藩に移ると衰退を始めるが、舟運が廃れるまでは清水河港は繁栄を続けた。出羽三山への参詣路でもあった舟形街道が通っており、本陣が置かれ、当地において酒造業も営まれた。清水河港で陸揚げされた物資は、舟形街道羽州街道舟形宿まで運ばれ、そこから最上地方全体に運ばれた。一方、南部の肘折温泉は、湯治場として人気が高く、霊峰月山の登山口にもなっているため、現在にも続く大蔵村の最大の産業である。さらに、寒河江市との村境付近には、かつて日本有数の山「幸生銅山永松鉱山)」があった。

行政

経済

郵便局

  • 清水郵便局(集配局)
  • 肘折郵便局(集配局)
  • 赤松簡易郵便局

金融機関

姉妹都市・提携都市

教育

中学校
  • 大蔵村立大蔵中学校
小学校
  • 大蔵村立大蔵小学校

交通

周辺の空港

路線バス

  • 村営バス

道路

一般国道
  • 国道458号(寒河江市との市境の十部一峠は冬期閉鎖・肘折以南は未舗装区間及び車両の行き違いが困難な箇所多数有り)
都道府県道

観光ほか

その他

脚注

外部リンク