操作

上勝町

かみかつちょう
上勝町
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 徳島県
勝浦郡
団体コード 36302-2
面積 109.63km2
総人口 1,416
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 12.9人/km2
隣接自治体 勝浦郡勝浦町那賀郡那賀町
名西郡神山町名東郡佐那河内村
外部リンク 上勝町

― 市 / ― 町・村

上勝町(かみかつちょう)とは、徳島県の中部に位置するである。

概要

  • 勝浦川の上流に位置する町であり、雲早山を町内最高峰として、全体として山岳地帯である。また、四国の町の中では最も人口が少ない。[1][2]
  • 近年、ゴミゼロ運動や第三セクター企業「いろどり」の「葉っぱビジネス」、樫原の棚田山びこポイントなどがテレビ番組によく取り上げられる。特に2003年9月に出されたゼロ・ウェイスト宣言(ゴミゼロ運動)[3]と「いろどり」については日本全国から取材にくるほどになっている。また、住民参加型のバイオマス利活用にも取組んでいる。
  • その他、I/Uターン者が増加したことや、廃校利用、住民参画型まちづくり「1Q(いっきゅう)運動会」も脚光を浴びている。
  • ゼロ・ウェイスト活動の活性化のため、県内企業家が世界初の量売り百貨店「上勝百貨店」(現在のRISE&WIN Brewing .co BBQ&General store)を開設させるなどしたこともある。
  • 町内ではゴミの回収を行っておらず、町民が自ら処分場へゴミを持ち込む。ゴミの持ち込みが難しい高齢者には2ヶ月に1度ゴミの回収を行っている。ゴミは45種類に分別し、まだ使える不用品は処分場に申請し引き取ってもらい、引き取った不用品は申請すれば町民以外も無料で持ち帰ることができる。
  • 現在では多くの大学や企業、自治体が調査・研究で上勝町を訪れるようになり、2014年度には年間2,213人が視察に訪れている。
  • 棚田オーナー制度や徳島大学とともに企画した棚田ライトアップ、空き家を改修した施設の増加により、徳島市や京阪神エリアから手頃に来ることのできる田舎としても注目されている。

地理

人口

  • 人口は県内の町の中、かつ、四国内でも少なく、2000人を切っている。[2]
上勝町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

面積

広袤(こうぼう)