操作

大町 (広島市)

大町(おおまち)および大町東・大町西は、広島市安佐南区の地区。

概要

古の伊福鄕、後の安の庄の一部。[1] 寛永検地の後より、大町村となる。武田氏の居館が在ったところ。廣島誓立寺由緒書き中に、暦応3年、武田伊豆守時代、兵火を避けて下大町に在った金蔵寺重信館に移ったとある。上大町に麥田と呼ばれる地があり、麥田は厳島領であったと房顕記に記載がある。

大町村は、、江戸期からの村名で、安芸国沼田郡(もと佐東郡)上安村に属する広島藩領。廃藩置県1888年(明治21年)まで、広島県沼田郡大町村。1889年(明治22年)の大合併[2]により、沼田郡大町村、上安村、中須村、高取村、相田村、長楽寺村の6村が合併し沼田郡安村となる。

太平洋戦争後の1955年(昭和30年)に安佐郡古市町と合併し安佐郡安古市町となる。1973年(昭和48年)に、広島市と合併し広島市安古市町。1980年広島市が政令指定都市に指定され広島市安佐南区大町東および大町西となる。

地理

武田山北東山麓にあり、北に安川が流れている。広島新交通1号線(アストラムライン)大町駅との乗換駅としJR可部線大町駅、バスターミナルが整備されたことにより、周辺にマンションが多く建っている。

商業

商業に関しては大町東のほうが発達している。

文化財

  • 八幡神社 - 八幡神を祀る。天文中に麥田氏が創立し麥田氏の氏神とし麥田八幡と称する。後に里人の纏氏神とし麥田八幡宮と云う。
  • 河内神社 - 猿田彦命を祀る。もとは河内谷にあり、後に今の場所に移る。
  • 敎徳寺 - 恵慈山と號す。元和5年須超が開基。貞享5年寺號免許。

教育

三校の学校が存在する。

公共施設

交通

鉄道

バス

道路

住居表示

広島県広島市安佐南区大町東

  • 1丁目
  • 2丁目
  • 3丁目
  • 4丁目

広島県広島市安佐南区大町西

  • 1丁目
  • 2丁目
  • 3丁目

脚注

  1. 安の庄の一部。安の庄は上安村(現在の中須(なかす)、大町、相田上安高取長楽寺)、下安村(現在の祇園)となった。
  2. 市町村数の変遷と明治・昭和の大合併の特徴

参考文献

  • 『郡役所廃止記念 安佐郡誌 (復刻版)』芸備風土研究会、1975年(昭和50年)

関連項目