actions

大村のマリナ

大村の聖マリナ
殉教者
生誕 不詳
肥前国 大村
(現・長崎県大村市
死没 1634年10月15日
肥前国 長崎 西坂
崇敬する教派 カトリック教会
列福日 1981年2月18日
列福場所 マニラ
列福決定者 ヨハネ・パウロ2世
列聖日 1987年10月18日
列聖場所 ローマ
列聖決定者 ヨハネ・パウロ2世
記念日 9月28日

大村のマリナ(おおむら - 、生年不明 - 1634年10月15日)は、江戸時代前期のドミニコ会第3会修道女カトリック教会聖人

生涯

肥前国大村(現 長崎県大村市)にて誕生したといわれ、洗礼名がマリナである以外は不明である。宣教師の記録によれば、勇敢な女性であったといわれる。

ドミニコ会第3会の修道女として誓願を立て、迫害を受けた信者を励まし宣教師たちを助けた。

マリナは長崎奉行に捕らえられ裸にされ市中引き回しにされたが、彼女はそれに恐れることなく耐え抜き、1634年10月15日長崎西坂の丘で火刑に処され殉教した。1981年、マニラで列福され、1987年にローマ教皇ヨハネ・パウロ2世によって列聖された。

参考文献

  • 『聖トマス西と15殉教者』 カトリック中央協議会発行
  • 『キリストの証し人』 フーベルト・チースリク著、聖母文庫