操作

大宮駅 (埼玉県)

大宮駅
おおみや - Ōmiya
所在地 さいたま市大宮区錦町
所属事業者 東日本旅客鉄道
東武鉄道
埼玉新都市交通

大宮駅(おおみやえき)

埼玉県さいたま市大宮区錦町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東武鉄道埼玉新都市交通

埼玉県で一番利用者が多い。

概要

JR大宮駅新幹線在来線ともに東京東北地方信越地方を結ぶ路線の分岐点に位置する。乗り入れ路線数が東京駅に次いで全国2位。 東北新幹線上越新幹線北陸新幹線長野新幹線)・秋田新幹線山形新幹線京浜東北線宇都宮線高崎線埼京線川越線東武野田線東武アーバンパークライン)や埼玉新都市交通伊奈線ニューシャトル)で12路線。さらに湘南新宿ラインと、朝夕に乗り入れる武蔵野線を合わせると計14路線となるなど、その乗り入れ路線数、1日の乗降者数において、埼玉県内のみならず全国でも常に十指に入るほどの巨大ターミナル駅であり、名実ともに県下最大の中心駅として機能している。新幹線、在来線共に全ての営業列車が停車し、当駅周辺にはJR東日本大宮総合車両センター日本貨物鉄道(JR貨物)大宮車両所(旧・大宮工場)をはじめとして、2007年10月14日には、東日本旅客鉄道(JR東日本)の創立20周年記念事業のメインプロジェクトとして、大宮総合車両センターに隣接した鉄道博物館も開館。2017年7月以降の多客期には、東北新幹線において大宮駅始発・終着となる臨時「はやぶさ」が新たに設定された。このように日本国有鉄道(国鉄)時代から数多くの鉄道施設が立地し、駅周辺は「鉄道の街」としてのみならず、県内有数の市場規模を誇る巨大商圏としても広く認知されている。



Rakuten 楽天市場検索: