操作

大和まほろばスマートインターチェンジ

この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
大和まほろばスマートインターチェンジ
所属路線 E25 西名阪自動車道
IC番号 4-1
本線標識の表記 大和まほろば[1]
起点からの距離 20.2km(松原JCT起点)
法隆寺IC (3.2km)
供用開始日 2012年7月4日(名古屋方面出入口)
2014年3月23日(大阪方面出入口)
通行台数 X台/日
所在地 奈良県大和郡山市椎木町・池沢町
生駒郡安堵町
備考 天理方面出入口はETC非搭載車も利用可能
テンプレートを表示

大和まほろばスマートインターチェンジ(やまとまほろばスマートインターチェンジ)は、奈良県大和郡山市生駒郡安堵町の市町境付近に位置する西名阪自動車道にある本線直結型のスマートインターチェンジである。

概要

2009年6月30日金子一義国土交通相(当時)が建設を認可。総事業費は約32億4,000万円で、この内 奈良県の負担は約11億円である。近畿2府4県(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)および西名阪自動車道では初めてのスマートインターチェンジである。

名古屋(天理)方面出入口については、郡山下ツ道JCT郡山ICまたは天理TBで料金所を利用する(天理~香芝の均一料金)ことから、スマートインターチェンジでありながらETCゲートは設置されておらず(フリーフローアンテナは設置されている)、車載器を搭載していない車輌も通行可能。

一方、大阪(松原)方面出入口には法隆寺IC香芝ICおよび香芝IC以西では料金所を利用しない(天理~香芝の均一料金)ため、ETCゲートが設置されている。

歴史

  • 2009年6月30日 : 「安堵郡山西スマートインターチェンジ」(あんどこおりやまにしインターチェンジ)として、金子一義国土交通相(当時)が建設を認可。
  • 2012年
    • 1月25日 : 正式名称が「大和まほろばスマートインターチェンジ」に決定[2]
    • 7月4日 : 名古屋方面入口・大阪方面出口を供用開始[3]
  • 2014年3月23日 : 大阪方面入口・名古屋方面出口を供用開始[4]

道路

接続する道路

E25 西名阪自動車道
(4)法隆寺IC - (4-1)大和まほろばSIC - (4-2)郡山下ツ道JCT - (5)郡山IC

脚注

  1. 青地に白文字で「安堵」と記した補助標識が併設されている
  2. 奈良県土木部道路建設課 報道発表資料 (2012年1月25日付)
  3. 奈良県土木部道路建設課 報道発表資料 (2012年6月11日付)
  4. 西名阪自動車道 大和まほろばスマートインターチェンジ(大阪側出入口)が平成26年3月23日(日曜)に開通します - 大阪側出入口が開通し、全面開通となります - 西日本高速道路株式会社・奈良県 2014年2月19日付

参考文献

関連項目