操作

国道347号

一般国道
国道347号
総延長 89.0 km
実延長 83.1 km
現道 82.9 km
制定年 1975年
起点 山形県寒河江市地図
主な
経由都市
山形県村山市尾花沢市
終点 宮城県大崎市
城西交差点(地図
テンプレート

国道347号(こくどう347ごう)は、山形県寒河江市から宮城県大崎市に至る一般国道

ファイル:Route347 Yamagata Pref Obanazawa City.JPG
山形県尾花沢市尾花沢付近

概要

路線データ

歴史

加美町から尾花沢市までの区間は、大野東人の東征の際に開削された古道に由来し、中羽前街道銀山街道(銀山越え)と呼ばれた。

江戸時代に現国道47号仙台出羽街道が整備されるまでは、陸奥国府から出羽国へと向かう主要街道であった。宮城県側の県境付近には仙台藩の軽井沢番所が置かれていた(夏季のみ。冬季は麓の門沢に番所を置いた)。大石田河港から仙台藩領に北前船で運ばれた物資を輸送経路として使われ、上方物と呼ばれた着物類、松前物と呼ばれた昆布などの海産物が、このルートを通じて仙台へと運ばれた。

路線状況

別名

  • 西部街道・山形蕎麦街道(山形県西村山郡河北町 - 尾花沢市)
  • 母袋街道(尾花沢市 - 宮城県境)
  • 中羽前街道(宮城県)

バイパス

  • 長島道路(山形県村山市)
  • 大久保バイパス(山形県村山市)
  • 尾花沢バイパス(山形県尾花沢市)

重複区間

夜間閉鎖区間

  • 鍋越峠
    • 尾花沢市母袋 - 加美町字宇津野(12月1日 - 3月31日)
かつては11月下旬から4月下旬まで冬期間閉鎖されていたが、道路整備が進み2016年度より通年通行が行われようになった[2]。ただし雪崩の恐れがあるため12月1日 - 翌年3月31日までは7:00 - 19:00までの通行となる[3][4]

地理

通過する自治体

交差する道路

脚注

注釈

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 2015年4月1日現在

出典

関連項目

外部リンク