actions

国道156号


国道156号(こくどう156ごう)は、岐阜県岐阜市から富山県高岡市へ至る一般国道である。

概要

岐阜県・富山県に跨る山間部は、庄川の谷の斜面を削って道を付けた区間で、かつては道幅が狭く大変危険だったため、路線番号にかけて「(谷に落ちたら)イチコロ線」と揶揄された。

高山市荘川町岩瀬から大野郡白川村牧の御母衣湖にかけてはトンネルの幅が狭く、大型車同士のすれ違いが困難となっている。ローカルルールとしてトンネル内での対面を避けるため、入口手前でクラクションを鳴らしながら通行するトラックが多い。ほぼ全線にかけて東海北陸自動車道が並走しているが、荘川から白川郷の30km区間は中部縦貫道松本方面との接続を考慮し東側の飛騨清見へと迂回している[1]。現在、当国道の御母衣湖周辺区間において数本のトンネル建設を含めた福島バイパスの計画があり、2010年に福島第3トンネルが供用された。ただし県の財政が厳しいことから、同バイパスの他の区間については、建設期間が長期に及ぶ可能性が高い。白川村岩瀬付近で庄川を挟んだ対岸に目を向けると綺麗に積み上げられた山が見えるが、これは東海北陸自動車道の飛騨トンネル掘削時に排出された残土である。

路線データ

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史

道路法(昭和27年法律第180号)に基づく二級国道として初回指定された路線のひとつである。国道指定当初は、岐阜県郡上郡白鳥町[注釈 2]まで二級国道157号金沢岐阜線(後の一般国道157号)と重用区間として指定されていたが[5]1975年(昭和50年)に国道157号の経路が変更され[6]、起点の岐阜市でのみ接続するようになった。

年表

路線状況

ファイル:R156 Ogi-machi Tx-re.jpg
岐阜県白川村、荻町交差点(2011年9月)
ファイル:国道360号 2 Tx-re.jpg
白川村、国道360号(右方)との交点(2011年9月)
ファイル:R156 Gokayama.JPG
富山県五箇山付近(2007年8月)

かつては、岐阜・富山間の山岳部の庄川沿いに続く道路が狭隘な山道で会ったことから「イチコロ」と揶揄されていた。そのような狭い道路はバイパスを含めた道路改良によって整備され、清流を望む快走路となっている[8][9]

バイパス・道路改良事業など

  • 岐大バイパス(岐阜県)※国道21号重複区間
  • 岐阜東バイパス(岐阜県羽島郡岐南町八剣 - 関市山田、延長13.4km)[10]
  • 大和改良(岐阜県郡上市大和町剣 - 同市白鳥町中津屋、延長2.6km)[11]
  • 福島バイパス(岐阜県大野郡白川村福島 - 同村牧、延長2.0km)
  • 白川バイパス(岐阜県)※東海北陸自動車道白川郷ICの事実上の取付道路
  • 砺波除雪拡幅(富山県砺波市、延長5.3km)
  • 砺波高岡拡幅(富山県砺波市太郎丸 - 高岡市上関、延長13.0km)

通称

  • 清流街道156(岐阜市)
  • さくら街道・さくら道(高山市)
  • 飛騨街道
  • 郡上街道 
  • 上保街道
  • 越前街道
  • 白川街道(岐阜県郡上市八幡町 - 富山県南栃市)
    郡上八幡から荘川を経て、南栃市を結ぶ街道名[12]。白山連峰の東麓を抜ける道で、沿道には世界遺産の白川郷がある[12]
  • 飛越峡合掌ライン
    沿線に世界遺産に登録された合掌造りの集落が点在する五箇山や白川郷があり、観光地として脚光を浴びることになったことから、合掌造りの集落をつなぐ観光のメインルートととして「飛越峡合掌ライン」名で親しまれる[8][9]

分岐区間

  • 岐阜市日野南(日野南5丁目東交差点) - 同市岩田西(岩田西3丁目交差点)

重複区間

  • 国道21号国道22号:岐阜県岐阜市(茜部本郷交差点) - 岐阜県羽島郡岐南町(岐南インター交差点)
  • 国道248号:岐阜県岐阜市(北一色1丁目交差点) - 岐阜県関市(山田交差点)※以前は小屋名交差点まで重複していた。
  • 国道256号:岐阜県郡上市八幡町吉野(相生交差点) - 岐阜県郡上市八幡町城南町(城南交差点)
  • 国道158号:岐阜県郡上市白鳥町向小駄良(向小駄良南交差点) - 岐阜県高山市荘川町牧戸(牧戸交差点)
  • 国道471号:富山県砺波市庄川町小牧 - 富山県砺波市庄川町金屋(金屋交差点)
  • 国道359号:富山県砺波市太郎丸(太郎丸交差点) - 富山県砺波市となみ町(花園町交差点)

道路施設

道の駅

地理

郡上市高鷲町ひるがの高原付近で中央分水嶺を横切る。本路線が通過する岐阜県と富山県の県境は蛇行している庄川に設定されており、トンネルで直線状に貫いているため、県境を7回連続で跨いでおり、一種の名所となっている[13]。庄川に沿うルートは、カーブ区間が多いが、四季折々に山峡の美しい自然を見ることができる[8][9]。またこの区間にある合掌橋や飛越橋などの7箇所の橋は総称して飛越七橋と呼称され[8][9]、橋ごとに欄干が7色に塗り分けられている[13]

通過する自治体

交差する道路

(右の「表示」を押す)

脚注

注釈

  1. 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. 2.0 2.1 2.2 2004年3月1日に3町4村が合併して郡上市発足。
  3. 2005年2月1日に高山市へ編入。
  4. 2004年11月1日に4町4村が合併して南砺市発足。
  5. 2004年11月1日に砺波市と東礪波郡庄川町が合併して砺波市発足。
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 6.4 6.5 6.6 2015年4月1日現在

出典

  1. “濃飛貫く東海北陸道全通へ 第2部「軌跡」 -幻の御母衣ルート 中部縦貫道絡み変更-”. 岐阜新聞 (岐阜新聞社). (2007年11月3日) 
  2. 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. . 2012閲覧.
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 8. . 2017閲覧.
  4. 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. . 2012閲覧.
  5. 5.0 5.1 ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  6. 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令”. 法庫. . 2013閲覧.
  7. 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)
  8. 8.0 8.1 8.2 8.3 小川、栗栖、田宮 2016, p. 78.
  9. 9.0 9.1 9.2 9.3 中村純一 編 2017, p. 78.
  10. 国道156号岐阜東バイパス国土交通省岐阜地方整備局 岐阜国道事務所 2018年2月4日閲覧。
  11. 国道156号大和改良国土交通省岐阜地方整備局 岐阜国道事務所 2018年2月4日閲覧。
  12. 12.0 12.1 佐々木・石野・伊藤 2015, p. 83.
  13. 13.0 13.1 佐藤健太郎 2014, p. 153.

参考文献

  • 『絶景ドライブ100選[新装版]』 松井謙介編、学研パブリッシング〈GAKKEN MOOK〉、2015-09-30。ISBN 978-4-05-610907-8。
  • 「飛越峡合掌ライン」『ニッポン絶景ロード100』 中村純一 編、枻出版社〈エイムック〉、2016-04-10、78-79。ISBN 978-4-7779-3980-8。
  • 「飛越峡合掌ライン」『日本の絶景道100選』 中村純一 編、枻出版社〈エイムック〉、2017-04-10、78-79。ISBN 978-4-7779-4572-6。
  • 佐藤健太郎 『ふしぎな国道』 講談社〈講談社現代新書〉、2014-10-20。ISBN 978-4-06-288282-8。

関連項目

外部リンク

テンプレート:国道156号