actions

印南町


ファイル:Minabe inami noukyou inami.JPG
みなべいなみ農業協同組合印南支所

印南町(いなみちょう)は和歌山県日高郡にあるである。

地理

印南町は和歌山県中部の海岸寄りに位置しており、南西部はほんの少しだけ紀伊水道にかかるが、他はほとんど紀伊山地の西の端に当たる山林地帯である。海側の土地は黒潮の影響で温暖、海岸段丘も見られるためスイカエンドウ花卉などの栽培が盛んである。山側は標高が高くいたって寒冷な気候であり、冬には降雪も見られる。町内を切目川、印南川、王子川が流れている。2003年度の年間平均気温はおよそ17℃、年間平均降雨量はおよそ2040mmである。

隣接している自治体

人口

印南町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

歴史

印南町の中心集落印南は印南港に面した港町であるが、その印南港は古くは印南浦とも呼ばれ大変漁業の盛んなところであった。

沿革

行政

町長は日裏勝己(ひうら かつみ、2012年2月24日就任)である。

経済

2000年の統計によると

第一次産業就業人数は1798名、
第二次産業就業人数は1280名、
第三次産業就業人数は2039名

である。

産業

ウメ、スイカエンドウやスターチス、センリョウなどの花卉栽培が盛んである。栽培されているエンドウは、主に「きぬさや」と「うすい」であり、市町村単位で全国トップの生産量を誇る。また、スイカは全国に先駆け小玉スイカの生産にシフトしており、西日本有数の産地となっている。ウメはみなべ、田辺に次ぐ規模で、大規模な農園があり、「紀州梅干」の地域ブランド産地の一つ。町の花であるセンリョウは山間部の真妻地区で栽培されているが、近年は生産者の減少と高齢化が進みつつある。また、栽培施設は川沿いに設けられているものも多く、2011年9月の台風では被害を受けた農家も多かった。また、真妻地区は真妻ワサビの発祥地として知られたが、後に環境条件の変化などにより衰退。2012年頃より再生に取り組んでいる。

日本郵政グループ

集配郵便局
  • 真妻郵便局(上洞=かぼら)
  • 印南郵便局(印南)
無集配郵便局
  • 稲原郵便局(印南原=いなんばら)
  • 切目郵便局(西ノ地=にしのじ)
  • 崎ノ原郵便局(崎ノ原)
  • 印南古井郵便局(古井)

各郵便局にはゆうちょ銀行のATMが設置されており、印南郵便局ではホリデーサービスを実施(2011年6月現在)。

※印南町内の郵便番号は、北東部(真妻地区)が「644-02xx」(真妻郵便局の管轄)、南西部(海沿いの地域)が「649-15xx」(印南郵便局の管轄)となっている。

姉妹都市・提携都市

なし。

教育

交通

鉄道

町内には西日本旅客鉄道(JR西日本)紀勢本線が通っており、このあたりでは普通列車は1時間に1本くらいの割合で運行されている。代表駅は印南で、この駅には特急列車は停車しない。以前は御坊-紀伊田辺間で快速運転を行う列車が存在しており、その際は快速列車停車駅であったが、現在は当該区間において快速運転する列車は存在せず、普通列車のみが停車する。

バス

道路

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

行事

  • 産業祭り
  • 山口八幡宮秋祭
  • 印南八幡宮秋祭
  • 川又観音会式

観光

JR印南駅の北方約200メートルに存在するカエルを象った橋。印南町はさまざまな施設などに「考える」「人をかえる」「町をかえる」「古里へかえる」「栄える」ことができるようカエルの意匠を積極的に取り入れており、この橋もその1つである。この橋は1990年に印南町が9億3500万円を投じて建設した。

関連項目

外部リンク