actions

南海天王寺支線

停車場・施設・接続路線
STR
JR西関西本線大和路線
STR STR
近鉄南大阪線
ABZg+r STR
JR西:大阪環状線
ABZg+l STRq KRZo
JR西:阪和線
STR
大阪阿部野橋駅
HUBtr
2.4 天王寺駅 13px 13px
STR exSTR
天王寺駅前駅 阪堺上町線
STRr exSTR
JR西:大阪環状線・関西本線
exBHF
1.5 飛田本通駅
exBHF
1.4 大門通駅 -1949
exBUE
堺筋
exSTR
↑1993年廃止
exSTR
平野線
xmKRZu uxABZq+r
今池停留場 ← 阪堺:阪堺線
uSTR
1.1 今池町駅
exSTR uSTR
萩ノ茶屋駅
STR exSTR uSTR2
↓1984年廃止
STR exBHF
0.9 曳舟駅 -1949
eKRWg+l exKRWr
BHF
0.0 天下茶屋駅
STR
Nankai mainline symbol.svg 南海本線13px 高野線系統

天王寺支線(てんのうじしせん)は、大阪府大阪市西成区にある南海本線天下茶屋駅から分岐し、同市天王寺区にある天王寺駅までを結んでいた南海電気鉄道鉄道路線。このうち天下茶屋駅 - 今池町駅間が1984年廃止され、残る区間も1993年に廃止された。

概要

1900年に南海電気鉄道の前身にあたる南海鉄道が大阪鉄道 (初代)との相互乗り入れを目的に天下茶屋駅 - 天王寺駅間を開通させたものである。1895年に天王寺駅 - 大阪駅間(現在の大阪環状線の東半分)が大阪鉄道によって開通すると、大阪市街の南端に頭端式難波駅を構える南海は、当時、次駅だった天下茶屋駅から天王寺支線を分岐させて、大阪市街の北端に位置する大阪駅への乗り入れを可能にした。天王寺支線の開業後は住吉駅(現在の粉浜駅 - 住吉大社駅間にあった。1917年廃止) - 大阪駅間直通の旅客列車貨物列車が運行された。なお、天王寺支線開業前の1900年6月に大阪鉄道は関西鉄道に譲渡され、1907年に国有化された。

戦後も南海と国鉄の接続路線として重要な線区であったが、1961年に国鉄大阪環状線が開業した後、1964年に南海本線との交差付近へ新今宮駅が設置され、次いで1966年に南海も同所に新今宮駅を開業させ国鉄との連絡が可能になると天王寺支線の利用者は激減した。貨物列車の中継線としての役割も1977年の貨物営業廃止によって終わった。貨物列車が運行されていた頃は深夜まで騒音がひどく、沿線住民を悩ませていたという。

1984年大阪市営地下鉄堺筋線の天下茶屋駅延伸による用地確保と南海の天下茶屋駅の高架化の影響で、天下茶屋駅 - 今池町駅間を廃止し、他の南海の路線と接続しない孤立路線となった。この時、廃止となった区間の真下には、地下鉄堺筋線が建設されたが、複線トンネルとしては空間が不足していたため、この区間は上下2層式トンネルとなっている。

部分廃止により単線化され、旧上り線のみを使うようになり、地元対策として新駅の飛田本通駅が設けられた。また今池町駅と南海本線萩ノ茶屋駅間で乗り継ぐ際は運賃を通算する制度を残した。この際、天王寺支線内のみ乗車する旅客からは天王寺駅にて運賃を現金で収受することになり、天王寺駅から萩ノ茶屋駅を介して南海他路線へ向かう旅客に対してのみ乗車券を発売するようになった。

1993年に地下鉄堺筋線工事の進展で全線廃線となった。

なお、線路には駅周辺以外バラストが敷かれていなかった。

路線データ

  • 路線距離(営業キロ):天下茶屋駅 - 天王寺駅間2.4km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:6駅(起終点駅および、路線廃止以前に廃止された2駅、部分廃止後に新設された飛田本通駅を含む)
  • 複線区間:全線複線(天下茶屋 - 今池町間廃止以後は単線
  • 電化区間:全線電化(直流1500V)

運行形態

1984年11月18日の部分廃止前は1521系7000系未更新車の2両編成で運行されていたが、車両運用上、冷房車の7100系もまれに運行されていた。

運行区間は天王寺 - 天下茶屋間の線内運転が基本だが、早朝・深夜には出入庫のため南海本線直通の住ノ江駅発着列車があった。部分廃止後は1521系の単行(1両)運転での往復運転となった。この時、天王寺支線に閉じ込められたのは1524と1526の2両で、路線廃止後に運び出された。

1965年時刻表によると、10 - 15分間隔の運行形態(この他に貨物列車も設定)をとっていた。また、部分廃止後の1988年では15 - 20分間隔の運転となっていた。

歴史

  • 1900年(明治33年)
    • 1月6日:天王寺支線 天下茶屋駅 - 天王寺駅間2.4kmが着工。
    • 10月26日:天下茶屋駅 - 天王寺駅間2.4km(単線)開業。
  • 1901年(明治34年)10月5日:南海線 住吉駅 - 天下茶屋駅間と関西鉄道 天王寺駅 - 大阪駅間との直通運転を開始。
  • 1907年(明治40年)11月11日:天下茶屋駅 - 天王寺駅間が電化され、電車併用運転を開始。
  • 1908年(明治41年)3月1日:曳舟駅開業[1]
  • 1931年(昭和6年)8月20日:天下茶屋駅 - 天王寺駅間が複線化。大門通駅が開業。
  • 1933年(昭和8年)2月16日城東線の電化に伴い、直通運転を増発。
  • 1944年(昭和19年)6月1日:会社合併により、近畿日本鉄道の路線となる(天王寺営業局近くに位置する天王寺駅に乗り入れているものの、南海本線の支線であったため、天王寺支線は天王寺営業局ではなく難波営業局の管轄であった)。
  • 1945年(昭和20年)3月13日:第1回大阪大空襲により、曳舟駅および大門通駅が焼失。
  • 1947年(昭和22年)6月1日:路線譲渡により南海電気鉄道の路線となる。
  • 1949年(昭和24年)6月20日:天下茶屋駅 - 天王寺駅間の曳舟駅、大門通駅を廃止統合し、今池町駅が開業。
  • 1966年(昭和41年)12月1日:南海本線の今宮戎駅 - 萩ノ茶屋駅間に、国鉄線への乗換駅として新今宮駅が開業し、これ以降天王寺支線の乗客が激減。
  • 1972年(昭和47年)
    • 1月10日:天下茶屋駅付近における南海本線の大阪市内連続立体化事業、および都市計画が決定。
    • この間、南海電気鉄道が天下茶屋駅付近における南海本線の大阪市内連続立体化事業に関連し、天王寺支線 天下茶屋駅 - 天王寺駅間2.4kmの廃止の方針を打ち出す。
    • 3月15日:天下茶屋駅付近における南海本線の大阪市内連続立体化事業に関し、南海電気鉄道と地元が天王寺支線 今池駅 - 天王寺駅間1.2kmについては、合意後10年間運行し、今池駅 - 天王寺駅間に新駅を1か所設置することで合意。
  • 1977年(昭和52年):貨物営業廃止。
  • 1984年(昭和59年) 
    • 11月18日:天下茶屋駅 - 今池町駅間1.2kmが廃止。今池町駅 - 天王寺駅間が単線化。南海天王寺駅が今池町駅寄りに100m移転し、路線距離が0.1km短縮。今池町駅と南海線高野線萩ノ茶屋駅間が徒歩連絡となる。
    • 12月10日:今池町駅 - 天王寺駅間に飛田本通駅が開業。飛田本通商店街(現在の動物園前1番街)と平面交差する踏切の東側、旧上り線・天下茶屋方面行き線路跡(複線跡)に開設。なお、1949年に廃止された旧大門通駅はその踏切の西側にあった。
  • 1993年(平成5年)
    • 3月31日:さよなら電車を運行。
    • 4月1日:今池町駅 - 天王寺駅間1.2kmが廃止され、全線廃止。

廃線後の状況

ほとんどの通路・道路からは柵により遮断されているが、駐車場になっている所や、出入り口は閉鎖されているが花壇つきの遊歩道になっている所、ホームレス対策としての無料宿泊施設が建っている地所などがある。なお、旧今池町駅跡には、アパートが建っている。また、部分廃止区間のうち天下茶屋駅寄りの跡地は道路に転用されている。

天王寺駅付近の架線柱や線路は廃線から20年以上も放置されていたが、2014年ごろに撤去され、線路跡はアスファルトで舗装された。しかしながら、廃線まで使われていた標識の一部が現在もそのまま残されており、跡地に並行するJR線の車窓から見ることができる。1984年まで使われていた南海天王寺駅19番線・20番線があった場所には後に商業施設「天王寺ミオ」が建設された。

駅一覧

全駅大阪府大阪市に所在。

駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線・備考 所在地
*1 天下茶屋駅 - 0.0 南海電気鉄道:南海本線 西成区
曳舟駅 0.9 0.9 1949年廃止
今池町駅 0.2 1.1 阪堺電気軌道:阪堺線今池停留場
南海電気鉄道:平野線(今池駅)・南海本線(萩ノ茶屋駅:天下茶屋 - 今池町間廃止後の徒歩連絡
*2
大門通駅 0.2 1.4 1949年廃止
飛田本通駅 0.1 1.5  
天王寺駅 0.9 2.4 西日本旅客鉄道:大阪環状線関西本線大和路線)・阪和線
大阪市営地下鉄: 御堂筋線 谷町線
阪堺電気軌道:上町線天王寺駅前駅
近畿日本鉄道:南大阪線大阪阿部野橋駅
天王寺区
  1. 1984年11月18日廃止区間
  2. 1993年4月1日廃止区間

脚注

  1. 明治40年度『鉄道局年報』p.29(国立国会図書館デジタルコレクションより) なお、年報では駅名は「曳」となっている。

関連項目