actions

十和田湖

十和田湖
所在地 日本の旗 日本
青森県十和田市
秋田県鹿角郡小坂町
位置 東経140度52分38秒北緯40.46472度 東経140.87722度40.46472; 140.87722
面積 61.11[1] km2
周囲長 46.0 km
最大水深 326.8 m
平均水深 71.0 m
貯水量 4.19 km3
水面の標高 400 m
成因 カルデラ湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 貧栄養湖
透明度 9.0 m
テンプレートを表示

十和田湖(とわだこ)

青森,秋田県境にあるカルデラ湖。面積 61km2。周囲 46km,湖面標高 400m,最大水深 327m,透明度 9m。八甲田火山群の初期の活動による陥没で湖の輪郭が形成され,中央火口丘成立後2度目の陥没で中海が形成された。東岸の子ノ口 (ねのくち) から排水,奥入瀬川となって太平洋に注ぐ。湖岸をめぐる山々は,カルデラの外輪山にあたり,御鼻部山 (1011m) ,白地山 (1034m) などが連なる。湖面側は急崖をなし,外側斜面はカエデ,ブナ,マツなどの混合林がおおう。春の新緑,秋の紅葉が美しい。 1903年和井内貞行がヒメマスの養殖に成功。南西岸に生出 (おいで) 養殖場がある。奥入瀬渓流を含めて特別名勝,天然記念物に指定されている。十和田八幡平国立公園に属する。






楽天市場検索: