actions

北竜町

北竜町(ほくりゅうちょう)は、北海道空知総合振興局管内北部にある町である。雨竜郡に属する。

町名は母町の雨竜町北部に隣接することによる。ヒマワリの作付面積は日本最大規模であり、ヒマワリを中心とした町づくりを行っている。

地理

空知地方北部、雨竜川の西岸に位置する。町東部は平野、西部は山岳地帯。

隣接している自治体

人口

北竜町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

消滅集落

2015年国勢調査によれば、以下の集落は調査時点で人口0人の消滅集落となっている[1]

  • 北竜町 - 字なし地域

沿革

経済

基幹産業は農業(稲作、畑作)。ヒマワリの作付面積は日本一。メロンは道内でも指折りの甘みがあり、青肉でさっぱりしている。

農協

金融機関

郵便局

  • 和郵便局
  • 碧水郵便局

いずれも無集配局であり、集配業務は妹背牛郵便局が担当する。

宅配便

公共機関

警察

教育

  • 小学校
    • 町立
      • 真竜小学校(しんりゅう)
  • 中学校
    • 町立
      • 北竜中学校

交通

空港

鉄道

かつて国鉄札沼線が通っていたが、1972年昭和47年)6月19日に廃止された。町域には和駅中ノ岱駅碧水駅の3駅があった。

バス

道路

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

北竜町指定文化財

  • 真竜獅子舞 - 真竜獅子舞保存会

観光

  • 碧水祭り
  • ひまわりビールパーティー

出身の有名人

脚注

関連項目

外部リンク