操作

空知総合振興局

テンプレート:北海道の振興局2 空知総合振興局(そらちそうごうしんこうきょく)は、北海道総合振興局のひとつ。振興局所在地は岩見沢市2010年平成22年)4月1日空知支庁に代わって発足した。

歴史

所管

従来の空知支庁から雨竜郡幌加内町を除いた地域となる。これは、幌加内町が士別市を始めとする上川管内の自治体と経済的に強く結びついていることが理由である。その一方で岩見沢市と結び付きが強い石狩郡新篠津村は支庁再編後も石狩振興局に属しているほか、札幌市江別市北広島市と同一市外局番空知郡南幌町も移管されずに空知総合振興局に残留している。

また、条例により「広域で所管することが望ましい業務」に関しては空知総合振興局が隣接する石狩振興局管内を含む石狩・空知地方全域において事務を担当する。

14支庁を9総合振興局・5振興局へ再編する北海道総合振興局設置条例では、道央総合振興局(どうおうそうごうしんこうきょく)の名称で、石狩支庁より改組される石狩振興局を下部組織として設置する予定であったが、「格下げ」に対する反発が生じたことから2009年(平成21年)3月に条例を改正。名称を支庁と同じ「空知総合振興局」とし、石狩振興局については総合振興局と同等の地位(地方自治法上の支庁)とされた。なお、空知支庁よりも人口の多い石狩支庁が格下げの対象とされたのは札幌一極集中の助長を防ぐためとされる。

人口

都市雇用圏(10% 通勤圏)の変遷

テンプレート:都市圏Header テンプレート:空知総合振興局管内の都市雇用圏

人口変遷

同管内の歌志内市日本で最も人口の少ない市であり、2012年平成24年)度の日本の市の人口順位では同市を筆頭に、三笠市夕張市赤平市の順で人口の少ない市4位までが管内に存在する。人口の少ない市10位までには、更に芦別市も加わる。これら5市の全ては、過去に炭鉱で栄えて人口が増えたものの、その後の石炭産業の崩壊で人口減少に転じたという共通点を持つ。また、三笠市と夕張市は1万人の、歌志内市は5千人の大台を割り込んでいる(人口5000人は北海道の町制施行基準であり、それをも下回っていることになる)。2015年現在、空知管内の10市で市制施行基準の人口(2015年現在は人口5万人)を上回っているのは岩見沢市のみである。

しかし、近年の道内過疎化は既に空知管内だけの問題ではなくなっており、小樽市後志管内)などの主要都市でも相次いで過疎地域指定を受けており、北海道のほぼ全域で深刻な状況にある。当然ながらこの空知管内も例外ではなく、先述の5市を除いても過疎地域の指定を受けていないのは岩見沢市滝川市空知郡南幌町の2市1町のみとなっている。(さらに岩見沢市も平成の大合併の前の旧北村と旧栗沢町の区域が過疎地域に該当する。これは函館市釧路市など道内他地域でも多く見られる。)

あまり知られていないが、1920年大正9年) - 1960年昭和35年)頃(うち1930年代中頃のごく短期間を除く)まで空知支庁は14支庁で最も人口が多く、この時期は道庁所在地・札幌を擁する石狩支庁(当時)ですら空知支庁の人口を一度も超えられなかった。人口が激減した現在でも、依然として北海道の14振興局では人口が6位・人口密度が4位と比較的上位に位置しており、往時の大繁栄の名残を垣間見る事ができる。

地理

ファイル:Hokkaido Sorachi Br 16cl.png
空知総合振興局の自治体
1. 夕張市2. 岩見沢市3. 美唄市4. 芦別市5. 赤平市6. 三笠市7. 滝川市8. 砂川市9. 歌志内市10. 深川市11. 南幌町12. 奈井江町13. 上砂川町14. 由仁町15. 長沼町16. 栗山町17. 月形町18. 浦臼町19. 新十津川町20. 妹背牛町21. 秩父別町22. 雨竜町23. 北竜町24. 沼田町25. 幌加内町(上川総合振興局)
空知総合振興局(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

外部リンク


テンプレート:北海道の振興局