操作

修学旅行

修学旅行(しゅうがくりょこう)

日本において小学校中学校高等学校教育学校行事の一環として、教職員の引率により児童生徒が団体行動で宿泊を伴う見学研修のための旅行。特に「宿泊を伴うこと」「行き先がある程度遠隔地であること」で遠足社会見学とは区別され、「宿泊施設が野営地ではないこと」で野外活動と区別される。

概要

主に最終学年で行われるが、中学校や高等学校では2年次に行われることも多い。理由として、3年次には入学・入社試験など進路に関わる行事が控えているためである。学校によっては、高校1年時に行う例もある。また、稀ではあるが富山大学人間発達科学部附属中学校のように2学年と3学年で2回行われる例もある。

教育課程の上では、特別活動の1つの学校行事の中に位置づけられている。

日本以外における修学旅行は、台湾韓国に日本の統治時代の名残として存在し、中華人民共和国でも実施されている[1]が、それ以外では、上述・後述のような特性を持つ「修学旅行」に相当するものはないとされる。ただし、ヨーロッパ諸国などでも泊まりがけの旅行は学校行事として存在する。

グランドツアー

18世紀のイギリスの上流階級の若者は、教育を数人の家庭教師から受け、その学業の仕上げとして「グランドツアー」 (grand tour) として文化の先進国であるフランスイタリアなどに遊学していた。イギリス経験論の哲学者医者でもあったジョン・ロックもその「教育に関する考察」の中で旅行を学業の仕上げとして勧めている。この旅行は数か月から半年、あるいは1年以上に及ぶもので、そのままそこに住みつくこともあった。上流階級が対象で規模も発想も異なるが、一種の「修学旅行」といえる。

こうした旅行の手配業務からイギリスでは、今日での旅行代理店に相当する会社が誕生した。この当時から存続している旅行業者としては、イギリスのトーマス・クック・グループがある。

脚注

参考文献

  • 『うれしなつかし修学旅行 国民的行事に若者はどう参加したか』(著:速水栄著 発行:ネスコ ISBN 4890360921)
  • 「事前に調べる修学旅行パーフェクトガイド」シリーズ(監修:財団法人日本修学旅行協会 発行:金の星社


外部リンク