actions

上野精養軒

上野精養軒(うえのせいようけん)は、東京都台東区上野恩賜公園内にある老舗西洋料理店で日本におけるフランス料理店の草分け。明治期には国内外の王侯貴族や名士達が馬車で駆けつけるなど、鹿鳴館時代の華やかな文明開化を象徴する存在であった。夏目漱石森鴎外の文学作品にも登場する[1]株式会社精養軒によって運営され、本店のある上野公園内の博物館などに系列店を出店している。

沿革

なお、公式の創業以前の1872年(明治5年)に丸の内馬場先門に店舗を開いているが、開店初日に銀座大火で焼失している。

系列店舗

レストラン

軽食

その他

出典

関連項目

外部リンク

  • テンプレート:東武グループ