操作

立川市

たちかわし
立川市
地方 関東地方
都道府県 東京都
団体コード 13202-1
面積 24.36km2
総人口 179,575[編集]
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 7,372人/km2
隣接自治体 国立市日野市昭島市国分寺市
武蔵村山市東大和市小平市福生市
市長
外部リンク 立川市
 表示 

立川市(たちかわし)

東京都西部,多摩川の中流域にある市。 1940年市制。 63年砂川町を編入。

地形上多摩川の沖積低地と武蔵野台地に区分される。鎌倉街道の要地で,中世以来立河氏の居城地となり,地名の由来ともなっている。

1889年甲武鉄道が開通し,1922年陸軍飛行第5連隊が移転,陸軍工廠,飛行機工場が建設されてから,軍需工業都市として発達。

第2次世界大戦後アメリカ空軍の基地となったが,1969年返還され,基地跡は昭和記念公園,広域防災拠点および陸上自衛隊駐屯地となっている。

宅地化も著しく,住宅都市の性格も加えつつある。 JR立川駅は中央線,青梅線,南武線の分岐点で,駅前はデパートや専門店が集中し,商業の中心をなす。

南部に国宝六面石幢 (せきどう) のある普済寺がある。北部に五日市街道筋の新田集落として開発された砂川地区があり,西武鉄道拝島線が通る。

脚注

外部リンク