操作

ロッキード・マーティン

ロッキード・マーティン
Lockheed Martin
種類 公開会社
市場情報 NYSE: LMT
略称 ロッキード社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
メリーランド州 ベセスダ
西経77度8分19.8秒北緯39.0305度 西経77.138833度39.0305; -77.138833
設立 1995年
業種 重工業軍需産業航空宇宙産業(輸送用機器)
事業内容 民間・軍用機器の製造・販売
宇宙空間用機器の製造・販売
外部リンク LockheedMartin.com
テンプレートを表示

ロッキード・マーティンLockheed MartinNYSE:LMT)は、アメリカ合衆国航空機・宇宙船の開発製造会社。1995年にロッキード社とマーティン・マリエッタ社が合併して現在のロッキード・マーティン社が生まれた。

ロッキード・マーティンは、ボーイングBAEシステムズノースロップ・グラマンジェネラル・ダイナミクスレイセオンなどとともに、世界の主要な軍需企業である。ストックホルム国際平和研究所が発行するSIPRI Yearbookによると、軍需部門の売上高の世界ランキングは、1998年は1位、1999年は1位、2000年は1位、2001年は2位、2002年は2位、2003年は1位、2004年は2位、2005年は2位、2006年は2位、2007年は3位、2008年は2位、2009年は1位、2010年は1位である[1][2][3][4][5][6]

2012年現在で世界の最新鋭ステルス戦闘機であるF-22F-35の開発・製造を行っていることで有名である。極秘先進技術設計チーム「スカンクワークス」が多数の傑作軍用機を生み出したことでも有名である。日本語では「ロッキード・マーチン」と表記されることもある。

歴史

参照: ロッキード

1994年3月からロッキード社とマーティン・マリエッタ社の間で、合併交渉が開始された。両社の株主総会において合併が承認され、1995年3月15日ロッキード・マーティン社が誕生した。合併においてロッキードに残された事業は、現在のL-3 コミュニケーションズとなっている。

1998年に新たな航空機開発に力を入れるため、それまで行ってきたノースロップ・グラマンとの合併交渉を中止した。

2015年11月6日付けにて、複合企業ユナイテッド・テクノロジーズの一部門であったシコルスキー・エアクラフトが傘下となった。

製品

合併前のロッキード時代には、旅客機の開発も行っていたが、2012年度の決算では売上高や営業利益の大部分は戦闘機・軍用輸送機人工衛星ミサイルスペースシャトルなどのアメリカ国防総省アメリカ航空宇宙局からの受注契約である[7]。2010年度の売り上げの78%は軍需である[6]。合併後も、F-22ラプターやF-35ライトニングIIが各国軍により採用されている。20世紀後半以降は海軍の装備開発にも積極的に乗りだしており、イージスシステムや各種艦載ミサイル及びそのVLS等を提供している。 日本のスカパー!e2などが利用している通信衛星N-SAT-110も、ロッキード・マーティンが製造した。

ここでは、ロッキードとマーティンの合併後も生産が続いたものを取り上げる。

参照: ロッキード#主要製品

航空機

軍用機

現ロッキード・マーティン社製
戦闘機
偵察機
ティルトローター
回転翼機
  • VH-71(ベル・ヘリコプターと共同開発、計画中止)
実験機

実験機

旧ロッキード社製
戦闘機
偵察機
対潜哨戒機
輸送機
練習機
実験機
攻撃ヘリコプター

民間機

旧ロッキード社製
旅客機
ファイル:Lockheed L-1011 Tristar.jpg
ロッキード トライスター
ファイル:Lockheed L-1649 Constellation TWA.jpg
ロッキード コンステレーション
  • L-749 コンステレーション
  • L-1049 スーパー・コンステレーション
  • L-1649 スターライナー

艦船

現ロッキード・マーティン社製

旧ロッキード社製

ロケット人工衛星ミサイル

現ロッキード・マーティン社製

ファイル:THAAD Launcher.jpg
THAADミサイルランチャー

旧ロッキード社製

ミサイル

旧マーティン・マリエッタ社製

その他

脚注

関連項目

外部リンク