actions

ラガーディア空港

ラガーディア空港(ラガーディアくうこう、: LaGuardia Airport)はアメリカ合衆国ニューヨーク市クイーンズ区にある国際空港

概要

近隣にあるジョン・F・ケネディ国際空港ニューアーク・リバティー国際空港と共にニューヨーク都市圏の空港の一つである。その管理、運営、警備はすべて同地域の地域開発公団であるニューヨーク・ニュージャージー港湾公社が行っている。

マンハッタンの北東部、クイーンズ区に位置し、主に国内線と、アメリカ国内とカナダの各都市を結ぶ国際線が中心の空港である。税関検疫の施設は存在していない。騒音問題と環境保護の点から、一部の例外を除き、ボーイング787型機やボーイング777型機、エアバスA350型機などのワイドボディ機や、飛行距離約2,400km以上の路線の発着は行わない。

なお、ナローボディ機ボーイング757型機は、同空港に発着できる機材として特にアメリカの大手航空会社からの要求を受けて、セミワイドボディのボーイング767型機とともに計画、製造された。

一応国際空港ではあるが、入国審査と税関検査は一切行われていない。そのため、現時点でこの空港を利用できる国際線は、アメリカ国外での出発空港にて事前入国審査が行なわれている15空港のみに限られる。現実的に飛来するのはカナダの複数の路線と、バハマナッソーアルバオラニエスタッド程度である。

また、旅客ターミナルの老朽化を受けた改修工事の多さや、資金難による施設のメンテナンス不足が問題視されているものの、これを解消するためのターミナルの建て替え計画は今のところ計画されていない。

歴史

第二次世界大戦前の1939年ニューヨーク市立空港として開港した。開港当時は飛行艇専用の旅客ターミナルが設けられていた他、アメリカ大陸横断路線などの長距離線も就航していた。

名称

当初「ノースビーチ空港」と呼ばれ、その後、アメリカ航空界のパイオニアの一人である飛行家・航空機開発者のグレン・カーチスにちなむ「グレン・H・カーチス空港」の名称が与えられたが、1953年に至って、1934年から1945年までニューヨーク市長を三期務めたフィオレロ・ラガーディア (Fiorello H. LaGuardia 1882-1947)に由来する現在の名称に変更された。

航空会社並びにターミナル

ラガーディア空港は連絡バス及び通路で行き来ができる4つのターミナルビルが設置されている。

セントラル・ターミナルビル (CTB)

コンコース A

コンコース B

コンコース C

コンコース D

  • アメリカン航空(アトランタ、バミューダ (季節)、シカゴ/オヘア、ダラス/フォートワース、フォートローダーデール、ヒューストン/ホビー、マイアミ、ナッシュビル、ナッソー (季節)、ニューオーリンズ、オーランド、セントルイス、タンパ、トロント、イーグル/ベイル (季節)、ウエストパームビーチ)

デルタ・ターミナル

マリン・エア・ターミナル (Marine Air Terminal)

US Airways ターミナル

事件と事故

脚注

  1. デルタ機着陸失敗、28人けが…NYの空港 読売新聞 3月6日(金)10時47分配信

関連項目

外部リンク