操作

アメリカン航空

アメリカン航空
American Airlines, Inc.
IATA
AA
ICAO
AAL
コールサイン
American
設立 1930年(American Airwaysとして)
ハブ空港 ダラス・フォートワース国際空港
ジョン・F・ケネディ国際空港
シカゴ・オヘア国際空港
マイアミ国際空港
焦点空港 ラガーディア空港
ランバート・セントルイス国際空港
ロサンゼルス国際空港
ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港
ローリー・ダーラム国際空港
ルイス・ムニョス・マリン国際空港
マイレージサービス AAdvantage
会員ラウンジ Admirals Club
航空連合 ワンワールド
親会社 American Airlines Group
本拠地 米国テキサス州フォートワース
テンプレートを表示

アメリカン航空(アメリカンこうくう、American Airlines, Inc.)

アメリカ合衆国の大手航空会社。テキサス州フォートワースを拠点として,2011年現在約 50ヵ国,およそ 160都市に乗り入れる世界最大級の航空会社。1926年チャールズ・A.リンドバーグによる史上初の郵便輸送便に始まり,やがていくつかの航空会社が合併し,1930年アメリカン・エアウェイズとしてボストンニューヨークからロサンゼルスサンディエゴへ大陸横断の定期運航も開始した。これが 1959年アメリカ国内初の大陸横断ジェット便に発展する。1934年現社名に変更。1970年代から 1990年代にかけては国内線の拡充とともに国際線も展開,1998年航空会社として初めて世界的なコンピュータ・ネットワークを構築,座席予約システムならびに発券システムを導入した。これが予約システム大手の SABREグループに発展し,本体の航空会社とともに,AMRグループとなった。2001年にはトランスワールド航空を傘下に収め,世界約 50ヵ国で毎日 3300便の定期航空を運航するにいたった。しかし競争激化のなかで人件費の膨張など経費高騰が響き,財務的な困難も増して,2011年11月アメリカ連邦破産法11条の適用を申請した。これにより経費構造を抜本的に見直し,通常通りの運航を続けながら,財務体質の改善に取り組んだ。2011年現在,保有機は 600機以上。

脚注

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: