操作

モルドバ

モルドバ共和国
Republica Moldova
国の標語:不明
モルドバの位置
公用語 ルーマニア語[1]
首都 キシナウ
最大の都市 キシナウ

面積

総計 33,843km2135位
水面積率 1.4%

人口

総計(2012年 3,559,500人(121位
人口密度 121,9人/km2
GDP(自国通貨表示)

合計(2013年 1,003億[2]モルドバ・レウ
GDP (MER)

合計(2013年 80億[2]ドル(141位
GDP (PPP)

合計(2013年166億[2]ドル(140位
1人あたり 4,666[2]ドル
独立
 - 日付
ソビエト連邦から
1991年8月27日
通貨 モルドバ・レウ (MDL)
時間帯 UTC +2(DST:+3)
ISO 3166-1 MD / MDA
ccTLD .md
国際電話番号 373

モルドバ共和国(モルドバきょうわこく、ルーマニア語: Republica Moldova)、通称モルドバモルドヴァMoldova ルーマニア語発音: [molˈdova]

ヨーロッパ東部の内陸国。西はルーマニアと,他の三方はウクライナと国境を接する。国土は東のドネストル川と西のプルト川にほぼ挟まれて位置し,大半は丘陵性の平原からなる。中央部に最も高い丘陵(最高点 429m)がある。気候は比較的温暖で,平均気温は 1月-5~-3℃,7月 20~23℃。年降水量は北部で 560mm,南部で 300~400mmである。北部が森林ステップ地帯,南部はステップ地帯に属し,森林面積は少ない。国土の3分の2がチェルノゼムからなり,肥沃である。住民の約半数がモルドバ人,ほかにはウクライナ人,ロシア人などがいる。

またガガウズ人(トルコ系)もおよそ 4%を占める。国土の大半は歴史的にベッサラビアと呼ばれる地域で,その領有をめぐり,古来多くの変遷をみた。1918年ベッサラビアがルーマニア領となったのち,ソビエト連邦領として残った小地域に 1924年モルダビア自治ソビエト社会主義共和国が成立。これに 1940年返還されたベッサラビアを加えてモルダビア=ソビエト社会主義共和国が形成された。

1991年5月現国名に改め,8月独立して 12月に独立国家共同体 CISに参加。1992年国際連合加盟。ガガウズ人,ロシア人の民族問題を抱えている。特にロシア人が多数を占める東部ドネストル地域(沿ドニエストル共和国)の 1990年の分離独立宣言は,内戦に発展した。農業が盛んで,果樹栽培地帯になっている。また,工芸作物はテンサイ,タバコ,香油採取作物の栽培に特化している。ブドウ,砂糖,ワイン,果実缶詰,油脂を特産。主産業は工業で,食品加工が中心であるが,機械(トラクタ,冷蔵庫),繊維,化学(染料,ゴム製品,医薬品)などの工業がキシニョフ,チラスポリベリツイなどで発展している。主要交通機関はキシニョフ,ベリツイを中心に放射状に延びる鉄道,ハイウェーで,ドネストル川,プルト川では水運が行なわれる。

外部リンク

脚注



Rakuten 楽天市場検索: