操作

メートル毎秒

メートル毎秒
記号 m/s
国際単位系組立単位
速さ
定義 1秒間に1mの速さ
テンプレートを表示

メートル毎秒(メートルまいびょう、記号m/s)は、国際単位系(SI)における速さ又は速度単位である[注釈 1][1][2][3]。1メートル毎秒は、「1間に1メートル速さ」と定義される[4]。なお、速さ速度の違いについては、速度#速度と速さを参照のこと。

単位記号は、m/s である。m/sec としてはならない[注釈 2]

日常会話では「秒速何メートル」とも表現する。また、風速日本では通常メートル毎秒で測るが、「毎秒」を省略して「風速何メートル」と表現することが多い。

1メートル毎秒は、以下に等しい。

派生単位

センチメートル毎秒

センチメートル毎秒(記号:cm/s)は、1秒間に1センチメートルの速さと定義される速度の単位で、1メートル毎秒の100分の1である。

CGS単位系における速度の基本単位である。

カイン(kine)の別名があり、日本では地震動の最大の速さを表す単位として用いられている。建物の被害との関連では、加速度のガルとともに、重要な指標とされる[6]

尚、カイン(kine)の語源は運動を表すkinematicの頭4文字を取って読んだものと言われている。

符号位置

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+33A7 - ㎧
㎧
メートル毎秒

Unicodeには、メートル毎秒を表す上記の文字が収録されている。これはCJK互換用文字であり、既存の文字コードに対する後方互換性のために収録されているものであるので、使用は推奨されない[7][8]

換算

テンプレート:速度の単位

脚注

注釈

  1. 国際単位系では、「速さ」、「速度」の単位としているが、日本の計量法では、「速さ」の単位としており、「速度」の単位とはしていない。
  2. 誤りやすい単位記号の例として、「50 sec(正しくは→50 s)」とある[5]

出典

  1. 独立行政法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター 『国際文書 国際単位系 (SI)』2006年、第 8 版日本語版。 p.28 「表 2 基本単位を用いて表される一貫性のある SI 組立単位の例」に「速さ,速度」とある。
  2. 計量法第2条第1項第1号中、「速さ」とある。「速度」ではない。
  3. 計量単位令 別表第1 項番14に「速さ」とある。
  4. 計量単位令 別表第2 項番14 速さ 「メートル毎秒」の欄
  5. 国際単位系(SI)は世界共通のルールです (PDF) 3ページ目
  6. 『地震-3』- 地震の大きさ日本建築構造技術者協会
  7. CJK Compatibility (PDF)” (2015年). . 2016閲覧.
  8. The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). . 2016閲覧.

関連項目