actions

プリクソス

ファイル:Phrixos und Helle.jpg
プリクソスとヘレー。ポンペイから発見されたローマ時代フレスコ画ナポリ国立考古博物館en)所蔵。

プリクソス古希: Φρίξος, Phrixos)は、ギリシア神話に登場する人物である。コルキス(現グルジア)の地に「金羊毛」をもたらした。これが後のイアーソーン率いるアルゴナウタイの物語につながる。

ボイオーティアの王アタマースネペレーの息子で、妹にヘレーがいる[1]。2人はイクシーオーンとネペレーの子とする説もある[2]。コルキスでアイエーテースエイデュイアの娘カルキオペーを妻とし、アルゴス、メーラス、プロンティス、キュティッソーロス[3][1]プレスボーンが生まれた[4][5]。妻をアイエーテースの娘イオポッサとする説もある[6][7]

神話

アタマースの後妻イーノーの企みによって、プリクソスはゼウスへの犠牲として殺されそうになるが、ネペレーヘルメースから授かった金毛羊を連れて来たので、プリクソスはその背に乗ってヘレーとともに脱出する[1]。一説には単にネペレーが金毛羊を2人に授けた[8]、あるいはゼウスが2人に金毛羊を送った[9]。しかしヘレーは途中で海に落ちて「ヘレースポントス」(ヘレーの海)、現在のダーダネルス海峡の名前の由来となった。プリクソスはコーカサス地方のコルキスに達した。この地の王アイエーテースはプリクソスを迎え入れ、娘のカルキオペーをプリクソスの妻として与えた。プリクソスは金毛の羊をゼウスに捧げ、その皮をアイエーテースに贈った。アイエーテースは、金羊毛をアレースの杜にある樫の木に打ち付け[1]、竜に守らせた。

プリクソスはコルキスの地で死んだが[10]、アルゴスは招かれてボイオーティアに戻り、イアーソーンのためにアルゴー船を建造して、自らアルゴナウテースとなった[11]。また、キュティッソーロスは帰国後、祖父であるアタマースが生け贄とされるところ、その命を救ったとされる[12]

ただし、異説ではプリクソスの息子のアルゴスとアルゴー船を建造したアルゴスとは別人物とされる[13]


系図

テンプレート:アタマースの系図

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 アポロドーロス、1巻9・1。
  2. ロバート・グレーヴス、70話l。
  3. ロードスのアポローニオス『アルゴナウティカ』2巻1155行-1156行。
  4. エピメニデース断片12(『アルゴナウティカ』2巻1122行への古註)。
  5. パウサニアス、9巻34・8。
  6. アクーシラーオス断片25(『アルゴナウティカ』2巻1122行への古註)。
  7. ヘーシオドス断片193(『アルゴナウティカ』2巻1122行への古註)。
  8. ヒュギーヌス、3話。
  9. パウサニアス、9巻34・5。
  10. 『アルゴナウティカ』2巻1150行-1151行。
  11. アポロドーロス、1巻9・16。
  12. ヘロドドス、7巻197。
  13. 『アルゴナウティカ』1巻111行-114行。

参考図書

関連項目

黄道十二星座およびトレミーの48星座の1つ。プリクソスとヘレーを背負って飛んだ金毛の牡羊をかたどったとされる。