操作

バンダルスリブガワン

バンダルスリブガワン
Bandar Seri Begawan
بندر سري بڬاوان
位置
バンダルスリブガワンの位置の位置図
バンダルスリブガワンの位置
座標 : 東経114度55分北緯4.917度 東経114.917度4.917; 114.917
歴史
改名 1984年1月1日
旧名 ブルネイ市
行政
ブルネイの旗 ブルネイ
 地区 ブルネイ・ムアラ地区
 市 バンダルスリブガワン
地理
面積  
  市域 100.36 km2
人口
人口 (2002年現在)
  市域 27,285人
  市街地 74,700人
公式ウェブサイト : http://www.municipal-bsb.gov.bn/

バンダルスリブガワン英語マレー語: Bandar Seri Begawanジャウィ文字: بندر سري بڬاوان)は、ブルネイ首都で、同国の最大都市。ブルネイ・ムアラ地区の行政庁所在地でもある。BSBと略されることもある。人口は140,000人(2010年)、都市圏人口は276,000人(同年)。

概要

旧称はバンダルブルネイ市であった。前スルターン(国王)のオマル・アリ・サイフディン3世にちなんで1970年10月1日に改称された。ブルネイ王朝では国王が退位すると「ブガワン」 (Begawan) と呼ばれ、サンスクリットで「神」の意味である。「スリ」もサンスクリットで英語のMr.に相当する。「バンダル」はペルシア語で(インド経由で由来した)「港」の意味である。2007年8月1日、市域面積が12.87km²から100.36km²に拡大された。

第二次世界大戦で大きな被害を受けたが、アジア最大規模といわれるモスクジャメ・アスル・ハッサナル・ボルキア・モスクや市のシンボルでもあるスルターン・オマール・アリ・サイフディーン・モスクがあり、近代的なビルが立ち並ぶ。セリアクアラブライトと海岸沿いの道路で結ばれている。

ブルネイ国際空港は市の中心部から11kmにある。ブルネイ各地とはバスの便がある。ブルネイ東部のテンブロン地区へはマレーシアサラワク州を経由し、ブルネイ西部からもミリなどサラワク州を経由する。ブルネイ川にはカンポン・アイールと呼ばれる水上集落が存在し、市の中心部からは水上タクシーで行くことができる。

地理

熱帯雨林気候に属し、1年を通して雨量が多い。10月から12月は3日に2日は雨となる。3月が一番降水量が少ないが、乾季は事実上ない。 ブルネイ湾に注ぐブルネイ川河口北岸付近に位置する港町で、農作物などの集散地である。ブルネイ川周辺に定住が始まったのは7世紀である。

テンプレート:Bandar Seri Begawan weatherbox

施設

脚注

関連項目

外部リンク

テンプレート:Brunei-stub