操作

ニジェール

ニジェール共和国
République du Niger
国の標語:Fraternité, Travail, Progrès
(フランス語: 友愛、労働、進歩)
ニジェールの位置
公用語 フランス語[1]
首都 ニアメ
最大の都市 ニアメ

面積

総計 1,267,000km221位
水面積率 極僅か

人口

総計(2013年 16,899,327人(63位
人口密度 13.3人/km2
GDP(自国通貨表示)

合計(2008年 2兆3,976億[2]CFAフラン
GDP (MER)

合計(2008年 53億[2]ドル(137位
GDP (PPP)

合計(2008年101億[2]ドル(132位
1人あたり 738[2]ドル
独立
 - 日付
フランスより
1960年8月3日
通貨 CFAフラン (XOF)
時間帯 UTC (+1)(DST:なし)
ISO 3166-1 NE / NER
ccTLD .ne
国際電話番号 227

ニジェール共和国(ニジェールきょうわこく、フランス語: République du Niger)、通称ニジェール

アフリカ大陸中西部の内陸国。北はアルジェリア,リビア,東はチャド,南はナイジェリア,ベナン,西はブルキナファソ,マリに国境を接する。中部の牧畜可能なステップ地帯,南部の農耕可能なサバナ地帯を除くと国土の大半はサハラ砂漠。年平均気温は地域により最低-2~16℃,最高 46~50℃。 14世紀頃からガーナ,ソンガイ,マリ,ハウサなどの諸王国が栄えたが,18世紀末からヨーロッパ人が進出,1890年イギリスとフランスによる植民地分割の協定の結果,最終的に 1904年に現在の国境が定められた。当初はフランス領スーダン (現マリ) に属したが,1922年フランス領西アフリカの一部,1946年フランス海外領,1958年フランス共同体内の自治国となり,1960年独立。農業と牧畜を主とし,人口が集中する南部では,ハウサ族などがラッカセイ,ワタ,自給用の穀物などを栽培。中部,北部はプール族 (フルベ族 ) ,ベルベル族 (ベルベル人 ) ,トゥアレグ族などがヤギ,ウシを主とする遊牧を営む。しかし 1970年代以降,干魃やイナゴの害に悩まされ,食糧自給は達成されていない。中北部のアルリトなどアイル山地でウラン,スズを産し,スズはナイジェリアへ,ウランはフランス,イタリア,ドイツ,日本へ輸出。ほかの主要輸出品はラッカセイ,綿花,皮革製品,家畜など。鉄,タングステンなどの鉱脈も有望で,開発が期待されている。輸出はベナンのコトヌー港と結ぶ鉄道・道路輸送に依存。ウラン採掘には日本の企業も参加している。住民はハウサ族が約 50%,ほかはジェルマ=ソンガイ族,プール族,トゥアレグ族など。大部分がイスラム教徒。公用語はフランス語であるが,ハウサ語,ジェルマ語も広く用いられる。

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: