操作

チリ地震 (1960年)

1960年チリ地震
震源付近の地図
震源の位置(USGS)
本震
発生日 1960年5月22日
発生時刻 19時11分14秒(UTC
15時11分14秒(現地時間)
23日 4時11分14秒(JST
震央  チリ バルディビア近海
南緯38度17分24秒
西経73度3分0秒 (地図)
震源の深さ 33km
規模    モーメントマグニチュード(Mw)9.5
最大震度    改正メルカリ震度XI:プエルトモント
津波 25m:モキャ島 (チリ)1
地震の種類 海溝型地震 衝上断層
被害
死傷者数 2231~6000人[1] [2]
被害総額 4~8億ドル
被害地域  チリ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
 ニュージーランド
日本の旗 日本
などの環太平洋地域
1 NOAAの観測による
出典:特に注記がない場合はUSGSによる。
テンプレートを表示

1960年チリ地震(チリじしん、西:Gran terremoto de Valdivia)

1960年5月22日午後7時11分,南アメリカのチリで起こった大地震。マグニチュードM)は 9.5で,前震として M7以上の地震が 2回あった。余震域はチリ海岸沿いに幅 200km,長さ 800kmに及んでおり,史上最大級の地震といわれる。チリではこの地震と津波で 5700人の死者を出したが,被害は太平洋全域に波及し,近くの海岸には高さ 10m以上の津波が襲い,ハワイのヒロでも 61人の死者を出した。太平洋を隔てた日本でも,外地の地震としては初めての津波警報が発せられ,約 1日たって三陸沿岸などに高さ約 6mの津波が来襲,死者・行方不明者 142人のほか,家屋の全壊 1500余戸などの被害を出した。この地震によって初めて,地球の自由振動が明瞭に観測された。



Rakuten 楽天市場検索:



  1. The Largest Earthquake in the World - Articles”. U.S. Geological Survey. 2007年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2007閲覧.
  2. Emergency & Disasters Data Base”. Centre for Research on the Epidemiology of Disasters (CRED). 2007年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2007閲覧.