actions

ダニエル・マクファデン

ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2000年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:ミクロ計量経済学において、個人と家計の消費行動を統計的に分析する理論と手法の構築を称えて

ダニエル・リトル・マクファデンDaniel Little McFadden1937年7月29日 - )は、アメリカ人計量経済学者で、現在南カリフォルニア大学教授。離散選択分析理論とその計算手法の開発によって、ジェームズ・ヘックマンとともに2000年のノーベル経済学賞を受賞した[1]。2005年アメリカ経済学会会長。

略歴

栄誉・受賞

著書

共著

  • Microeconomic Modeling and Policy Analysis: Studies in Residential Energy Demand, with Thomas G. Cowing, (Academic Press, 1984).

共編著

  • Essays on Economic Behavior under Uncertainty, co-edited with M. Balch and S. Wu, (North-Holland, 1974).
  • Applications of the Theory of Production, co-edited with Melvyn Fuss, (North-Holland, 1978).
  • Structural Analysis of Discrete Data with Econometric Applications, co-edited with Charles F. Manski, (MIT Press, 1981).
  • Preferences, Uncertainty, and Optimality: Essays in honor of Leonid Hurwicz, co-edited with John S. Chipman and Marcel K. Richter, (Westview Press, 1990).

脚注

  1. The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2000”. Nobelprize.org. . 2007閲覧.
  2. All Laureates in Economics”. Nobelprize.org (2007年). . 2007閲覧.

外部リンク

テンプレート:Economist-stub テンプレート:ノーベル経済学賞受賞者 (1976年-2000年) テンプレート:Econometric Society会長