actions

タチアナ・ニコラエヴナ

タチアナ・ニコラエヴナ・ロマノヴァрусский: Татияна Николаевна Романова, ラテン文字転写: Tatiana Nikolaievna Romanova, 1897年5月29日 - 1918年7月17日

ロマノフ朝最後の皇帝ニコライ2世アレクサンドラ皇后の第二皇女。ロシア大公女1917年二月革命で成立した臨時政府によって家族と共に監禁された。十月革命で権力を掌握したウラジーミル・レーニン率いるボリシェヴィキの命を受けたチェーカー秘密警察)によって翌1918年7月17日に超法規的殺害(裁判手続きを踏まない殺人)が実行され、エカテリンブルクイパチェフ館において家族・従者と共に21歳の若さで銃殺された。正教会聖人新致命者)。




楽天市場検索: