操作

タコ部屋労働

タコ部屋労働(タコべやろうどう)とは、主に戦前北海道で、労働者をかなりの期間身体的に拘束して行われた非人間的環境下における過酷な肉体労働である。タコ労働ともよばれる。

タコ部屋労働で使役された労働者をタコと呼び、タコを監禁したいわゆる土工部屋はタコ部屋・監獄部屋・人夫部屋ともよばれた[1]。タコ部屋はタコ部屋労働環境そのものを意味することもあった。類似した状況は九州炭田地帯にも見られ、納屋制度と呼ばれていた。強制労働の一種であり、現代の日本では労働基準法第5条によりタコ部屋労働は禁止されている。

起源

明治維新後に開拓が始まった北海道で、明治20年代に行われていた囚人労働を起源とする。1870年代の北海道では、開拓のために屯田兵が置かれ多くの道路などが切り拓かれていったが、主要な道路、鉄道建設にあたって屯田兵だけでは労働力が不足し、道内の集治監に収監されている受刑者が建設労働力としてあてられることとなり、空知樺戸集治監北見釧路集治監網走分監(後の網走刑務所)などの囚人たちが建設に従事させられた[3]

移動中は、囚徒たちは綱でつながれ、足には鉄鎖と鉄球がつけられ、道なき道を、冬の豪雪の中でも進み、道路や鉄道の建設、鉱山開発などが行われた。起居は粗末な小屋でさせられた。枕は丸太が一本渡されたもので、起床時には監視員が枕の端を叩く。小屋の出入口には鍵がかけられ、逃亡監視のための監視者が置かれた。労働は苛酷で死者が続出。逃亡を図り発見された者は見せしめのためにリンチされた。

明治政府の意向で北海道で繰り広げられた囚人労働は、あまりにも過酷で囚人虐待であると批判する意見が出たため、1894年(明治27年)を最後に廃止された[1]。これにかわり登場したのが、いわゆる土工部屋のタコ労働であり、本州方面から募集の名目で連行してきた労働者を、山間部や奥地の土工部屋に収容し、道路開削・鉄道建設・河川改修といったさまざまな土木事業に半強制的に駆り立てたのがタコ労働における特徴であった[1]。北海道の開拓は進捗し、国による直接の施工だけでなく、民間業者への委託も増え、民間業者は道外も含めて労働者を確保した。ただし、その労働の内容は従来と大差ない過酷なものであった。タコ労働は、1890年(明治23年)に着工された北海道炭礦鉄道株式会社室蘭線の建設工事において、すでにその萌芽がみられたといわれており、明治30年代以降の北海道における旺盛な土木事業の実施と、そのための慢性的な労働力不足という事態を背景に成立した[1]。 その後、1910年(明治43年)から始まった北海道第一期拓殖計画、1927年(昭和2年)の北海道第二期拓殖計画により、一層の発展を遂げて「北海の地獄部屋」などとよばれながら、太平洋戦争敗戦まで存続した[1]

語源については諸説あり定説がない。(1) タコ()は一旦岩に吸い付くと死ぬまで離れないように、土工夫もタコ部屋に入ると必死で労働するからだとも[1]、(2) タコのように自らの足を最後の食料とするように、前借り金を負った土工夫も代償として自らの肉体と労働力を切り売りするからとも[1]、(3) この種の労働者を東北地方北部を中心とした他の地域から、斡旋業者の甘い言葉に乗せて他人に雇用されるから(他雇)とも[1]、(4) 労働者がタコ部屋から糸の切れたタコ()のように逃亡するからとも[1][4] 言うが、いずれも確実なものではない。

タコ部屋

土工夫を収容したいわゆる土工部屋は、信用部屋とタコ部屋に大きく分かれていた[1]。信用部屋は、自らの意思で土工夫となった信用人夫を収容したもので、1932年(昭和7年)の北海道土工殖民協会の設立以後に多くなってきた[5]。これに対するタコ部屋は、東北地方の農村や、東京・大阪都市部に住む下層民のなかから、「ポン引き」とよばれる募集屋や斡旋屋の手を通じて集められたものが多くを占めた。その過程で、多額の前借り金や募集費を背負う羽目に陥った労働者たちは、そうした経費回収の意味もあって、普通は6か月程度の契約期間中、常に土工部屋に拘束された[5]

土工部屋は、建設工事現場の移転が便利なように簡易的な造りの掘っ立て小屋で、構造は荒削りの松丸太を使用した木造平屋建てで板壁を使用し、天井の無い(薄く割った板)やシラカバの皮で葺いた屋根だった。標準的な土工部屋で70人前後のタコとよばれる労働者を収容していた。タコ逃走防止のため、出入り口は鈴のついた引戸が1カ所だけあり、タコを入れると外側から施錠した。室内は武者窓の小窓があるだけで採光や通気は不十分であり、薄暗く陰湿な雰囲気を漂わせていた。また、室内に銭湯でみられる番台のようなものがあって、不寝番の見張りがタコを監視し、正面の土間を挟んでタコが生活する部屋と、帳場・日用品販売を行う売店・親方の部屋などが配置されていた[5]

タコ部屋に収容したタコを管理するため、管理人である親方を最高責任者とし、その下に世話役、帳場、棒頭(ぼうがしら)、取締人という労務管理機構組織が発達していったが、古くから上飯台(うわはんだい)、中飯台、下飯台とよばれた食事上の差別優遇から発生した非公式的組織もあった[6]。別室で座食することのできる上飯台は棒頭以上のものが属し、一般のタコは立食である下飯台におかれており、そのなかから模範的なタコは中飯台(腰掛食)に昇進できた[6]。そのような土工部屋では組織を管理維持するため、不法監禁や暴行、酷使、虐待が日常茶飯事的に発生していた[7]

労働条件

朝早くから夜遅くまで、ひたすら肉体労働を強いる工事現場が主体であった。約180kgのもっこを二人で担ぐなどの重労働が1日15時間以上も要求され、それが連日休みなく続くのである。給与は日給が支払われた[7]。食事は立ったままとらされ、施錠されるため外出は不可能だった。

北海道は冬期間は厳寒な気候によって工事ができなくなることもあり、3〜6か月の契約である場合がほとんどであった。しかし、体罰を伴う重労働に加え、不衛生な環境と粗末な食事(特に副食が不足した)により、健康を損なって脚気などの病気になる者が多かった。また捕らえられた脱走者は見せしめとして、縛り上げられて棒で殴られたり、裸で縛り上げたまま戸外に放置して、アブに襲わせるなどの凄惨なリンチを受けた。こうして多くの命が失われ、その遺体は単に遺棄されることが多かった。タコ部屋自体が山中の人跡未踏の地にあることが多く、運良く脱走に成功しても、山中での遭難等で命を落とすことは少なくなかったようである。あまりのひどい虐待に、官憲の見回り時を狙って目前で殺人未遂などを引き起こし、自ら刑務所へ連行するよう訴える者すら現れる有様であったともいわれる。

北海道内から集められた労働者の条件は比較的良好であったらしいが、本州から送り込まれる労働者は、斡旋業者に騙され半ば人身売買のように売られて低賃金により酷使された。高額の飲食代を徴収することで、その低賃金すら残らなかったという。外出が禁止されていたので、身の回りの物もすべてタコ部屋で調達せざるを得ず、これも収奪の手法になっていた。

しかし、このような過酷な仕事場でも、抜け出して社会に戻れば食事にすら事欠く貧困が待っている時代でもあり、一度は去った者の多くが再びタコ部屋に戻っていったともいわれる。タコ部屋労働者に対する社会からの差別感情が強かったこともそれを後押しした。

一方、これほどの収奪を行ってもタコ部屋業者の利益は意外と少なかった。タコ部屋を管理していたのは下請け業者であり、談合や中間搾取などにより、元請け業者を通じて政治家政治献金として利益の多くを吸い取られたという。多額の政治献金を行なっている大資本や地域の有力者がタコ部屋労働の上部構造として存在したことも、その根絶を妨げる1つの原因であったと言われている。

労働者層

単純失業者や貧農が多かったことも事実だが、斡旋業者に「簡単な仕事だから」と騙されるケースが多かったため、幅広い層が労働に従事したと思われる。日韓併合後の朝鮮半島からの出稼ぎ者や、国家総動員法が施行されてからは内地人と同様に外地人も徴用された[8]世界恐慌時には大学卒のインテリ層も珍しくはなかったという。また、タコを稼業として各地のタコ部屋を渡り歩く者や、タコから部屋の幹部に登用され、戦後も土建業で名を成す者もいた。

衰退

非人道的かつ無法地帯のような様相を見せていたタコ部屋労働に対し、大正末期から昭和初期にかけて、土工部屋からの解放運動や労働条件改善を求める運動がおこり、昭和7年に北海道庁と土木業者が半官半民の北海道土工殖民協会を設立し、土工夫の現場紹介に乗り出したが、上記の理由による政治家の圧力によって労働実態はほとんど改善されることはなかった[9]。官憲による取締の強化は行われたものの、その後の戦時体制のもとでタコ労働はより強化され[9]、政治家と土建業者との癒着もあって結局タコ部屋労働を戦前の日本人の手で自ら禁止することはできなかった。

タコ部屋労働が禁止されたのは、1946年(昭和21年)、GHQの指令による。同年10月2日の『朝日新聞』は、「監獄部屋を直ぐになくせ」と題する社説を掲載し、このような労働が存在することは日本民主化の重大な障害であると述べた[9]。このころ同時に労働運動が盛んになり、労働者の権利が明確化され始めたこと、加えて、アメリカ製の建設重機が流入し、人海戦術による土木工事も減少したため、瞬く間に減少したといわれる。ただし、非合法な物に関してはこの限りではない。借金が返済できなくなった人などを軟禁し、半ば強制的に、危険な労働に当たらせるという行為は、戦後も頻繁に行われていた。高度経済成長期以降、下火になったといわれており、また現代では労働基準法暴対法の抜き打ちの立入検査が特に建築現場などに行われているため、以前のようなタコ部屋運営は現実として困難と考えられる。

タコ部屋労働により建設されたとされる構造物(建造物)

タコ関連の怪談が伝わっている。1970年になって、金華信号場(旧・金華駅)側のトンネル坑口付近でタコの犠牲者と推定される人骨が50体以上発見されている。また、トンネル工事の際に命を落とした労働者の慰霊碑が建つ。
旧・深名線湖畔駅そばに、鉄道およびダム工事で命を落とした労働者を慰霊する碑がある。また、蕗ノ台駅近くには廃寺を利用した展示資料館がある。彼らの命と引き換えに建設された同線もすでに廃線となった。
労働者11人が命を落としている。
豊平川の水流を利用した水力発電所。発電所付近に慰霊碑が建つ。

その他北海道内の炭鉱鉱山国道鉄道ダムトンネル用水路など多くの土木工事がこの労働によって行われた。

タコ部屋労働に関連する事件・騒動

ファイル:Hakuai Maru1898.JPG
博愛丸事件の舞台となった船舶博愛丸1926年大正15年)9月7日函館日日新聞は「漁夫を起重機で捲き上げたり火刑にしたり俄然暴行事件発覚した蟹工船の博愛丸」という題名の記事を伝えた[10]。戦前、カニ漁の工船「蟹工船」(別名「地獄船」)は鉱山など「陸のタコ部屋」に対して「海のタコ部屋」と呼ばれた[11]

タコ部屋労働を題材・描写にした作品

小説

  • 沼田流人「血の呻き」(1923年)
複数回発禁となった。2010年 札幌郷土を掘る会が「札幌民衆史シリーズ11」として、「血の呻き」のタコ部屋労働部分を復刻し出版した。
  • 羽志主水『監獄部屋』(1926年)
北海道のタコ部屋現場で虐待される労働者たち。そこへ強制労働の調査のため当局の査察団が来訪した……日本の探偵小説の中でも古典的名作の1つとされる短編サスペンス小説。タコ部屋労働の残虐な実態を背景にしたショッキングな結末は高く評価され、探偵小説のアンソロジーにたびたび採録されてきた。作者は開業医を本業とする寡作なアマチュア作家だったが、青年時代には幸徳秋水らとも親交があり、社会問題の実態に造詣が深かった人物である。創元推理文庫 日本探偵小説全集 (11) 名作集 1 に収載され、2018年現在でも刊行されている。ISBN 4488400116(青空文庫での収録)。
博愛丸事件を題材にした。
  • 小檜山博「黯い足音」(1976年)

漫画

借金返済のためタコ部屋に送り込まれるノミ屋のノミ倉。面会に向かった仲間たちと現場監督のあいだでひと騒動が繰り広げられる。
  • カイジ
    • 賭博黙示録カイジ - ギャンブル借金返済のために帝愛グループが経営する土砂採石場で過酷な作業を強いられる伊藤カイジと仲間たちが描写されている。
    • 賭博破戒録カイジ - 第3章「欲望の沼」は非合法のタコ部屋を舞台に話が展開する。
  • 闇金ウシジマくん - タコ部屋を題材に展開するエピソードがある。
  • 怨み屋本舗 - 主人公たちが悪人を社会抹殺して懲らしめるための場所として使用することがある。

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 田端、桑原、船津、関口 2000, p. 232.
  2. 休泊所. 博物館網走監獄公式サイト.
  3. 田端、桑原、船津、関口 2000, pp. 198–202.
  4. 沢和哉『日本の鉄道 こぼれ話』築地書館、1998年、33頁
  5. 5.0 5.1 5.2 田端、桑原、船津、関口 2000, p. 233.
  6. 6.0 6.1 田端、桑原、船津、関口 2000, pp. 233–234.
  7. 7.0 7.1 田端、桑原、船津、関口 2000, p. 234.
  8. 山田昭次古庄正樋口雄一『朝鮮人戦時労働動員』岩波書店、2005年
  9. 9.0 9.1 9.2 田端、桑原、船津、関口 2000, p. 235.
  10. 倉田稔蟹工船および漁夫雑夫虐待事件」、『商學討究』第53巻第1号、小樽商科大学2002年7月25日、 1-31頁、 NAID 110000232030
  11. 臥牛山. 函館新聞電子版 (2008年6月).

参考文献

  • 田端宏 『北海道の歴史』県史1、山川出版社、2000-09-05、第1版。ISBN 978-4-634-32010-9。

関連項目

外部リンク