actions

セメレー

セメレー古希: Σεμέλη, Semelē)は、ギリシア神話に登場する女性である。長母音を省略してセメレとも表記される。テーバイの王カドモスとその妻ハルモニアーの娘で、アウトノエーアガウエーイーノーポリュドーロスイリュリオスと兄弟。ゼウスの子ディオニューソスの母。セメレーの名は「月」をあらわし、アルテミスセレーネーと関係がある。また、元はプリュギアトラーキアで信仰されたゼメロという大地の女神が起源であるという説もある[1]

神話

ゼウスは密かに人間の姿をとってセメレーと交わり、セメレーは身重となった。このことを聞きつけたヘーラーは、嫉妬心を燃やした。ヘーラーはセメレーのかつての乳母であった老婆に身をやつし、セメレーに近づいてこうそそのかした。「あなたの交際相手は、本当は恐ろしい化け物かもしれない。怪しいと思ったら、本当の身分を明かすように言いなさい」。セメレーはこの忠告に従い、ゼウスに「愛の証に私の願いを一つ聞いてほしい」と持ちかける。ゼウスが「ステュクス川に誓って必ず叶える」と約束すると、セメレーはゼウスに真の姿を見せるよう迫った。雷火をまとった神の本性を現せば、生身の人間の体では耐えきれず、たちどころに焼け死んでしまう。ゼウスは約束したことを後悔したが、ステュクス川にかけた誓いは神といえど背けない絶対的なものであった。ゼウスは変身を解いたが、セメレーはまばゆい灼熱の閃光に焼かれて絶命した。(あるいは、正体を明かすように迫ったが、ゼウスがこれを聞き入れないので、セメレーは本当の姿を示さない限り寝室に入ることを許さないようにし、ついに怒ったゼウスが雷光に包まれた真の姿を現し、セメレーは雷光に当たって焼け死んでしまった、とする話もある。)

セメレーの胎児はヘルメースが取り上げ、ゼウスの大腿のなかに縫い込んだ。この時胎児は6ヶ月であり、さらに3ヶ月後に誕生したのがディオニューソスである。ディオニューソスは、このために「二度生まれた者」「二つの門の子」などと呼ばれる。

古代ギリシアの地にディオニューソスの信仰が確立され、神の座を占めるようになったとき、彼はレルネーの底なし沼を通ってタルタロスに下った。ディオニューソスは、ギンバイカの木をペルセポネーに贈り、これと引き替えに母親のセメレーを連れ戻した。ディオニューソスから神性を分け与えられたセメレーは女神となった。セメレーはトロイゼーンのアルテミスの神殿に入り、そこから天に昇った。ディオニューソスは、他の死者たちがセメレーを嫉妬したり、憤慨したりしないように、母の名前を改め、テュオーネーとして神々に紹介したという。


系図

テンプレート:カドモスの系図


備考

出典

  1. 里中満智子 『マンガ ギリシア神話2 至高神ゼウス』 中央公論新社

関連項目