actions

ジョージ・ハラス

テンプレート:Infobox NFL PlayerCoach ジョージ・スタンレー・ハラス(George Stanley Halas、1895年2月2日 - 1983年10月31日)は、NFLシカゴ・ベアーズの創設者であり、選手兼コーチ兼オーナーである。アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身。

来歴

イリノイ大学ではフットボールの他、野球バスケットボールにも熱中し、フットボールではビッグ・テン・カンファレンス優勝を経験。1919年第一次世界大戦が勃発した際には、海軍のチームでプレーしローズボウルMVPとなる。

その後、ニューヨーク・ヤンキースに入団し、外野手としてメジャー12試合を経験したが、怪我のため野球を引退。

1920年、フットボールチーム「ディケイター・ステイリーズ」を創設し、選手兼ヘッドコーチ兼オーナーとなった。同年、NFLの前身であるAPFAが発足され、これに参加した。

1921年、地元シカゴに移転し、APFA優勝を果たす。1922年「ベアーズ」に改称した。

選手としては1928年に引退したが、ヘッドコーチとしては1967年まで[1]退任と復帰を繰り返しつつも、選手兼任時代を含め6回のNFL優勝に導いている(当時はまだスーパーボウルは行われていなかった。)。1963年にはプロフットボール殿堂入りを果たしている。

1983年に膵臓(すいぞう)がんのため亡くなった[1]

ベアーズのユニフォームの袖には彼のイニシャルである「GSH」があしらわれているほか、7番は永久欠番となっている。

NFL創始者の一人としてその功績は語り継がれ、スーパーボウル出場権を賭けたNFCチャンピオンシップゲームの優勝トロフィーにその名を残すほか、その功績を称えケガやフィールド外での個人的な問題を抱えながら素晴らしいプレイを見せた選手に贈る「ジョージ・ハラス賞」も制定されている。

脚注

関連項目

外部リンク