actions

ジョージ・ハミルトン=ゴードン (第4代アバディーン伯)

第4代アバディーン伯爵、ジョージ・ハミルトン=ゴードン英語: George Hamilton-Gordon, 4th Earl of Aberdeen, KG, KT, FRS, PC, 1784年1月28日 - 1860年12月14日)は、イギリスの政治家、貴族。

はじめトーリー党保守党)の政治家だったが、穀物法廃止をめぐる保守党分裂の際には自由貿易を奉じるピール派に属して保守党を離れた。ロバート・ピールの死後には代わってピール派の指導者となる。ホイッグ党が内紛を起こしていたため、1852年12月にホイッグ党とピール派の連立政権の首相となる。在任中にクリミア戦争が発生した。1855年1月に退任し、ホイッグのパーマストン子爵に首相職を譲った。

アバディーン伯爵位の法定推定相続人の地位にあった1791年から1801年までハッド卿(Lord Haddo)の儀礼称号を使用した。

経歴

ファイル:Georgehamiltongordonaberdeen.jpg
若い頃のアバディーン伯爵を描いた絵画(トーマス・ローレンス画)
ファイル:George Hamilton Gordon, 4th Earl of Aberdeen by John Partridge.jpg
1847年頃のアバディーン伯爵(ジョン・パートリッジ画)

1784年1月28日スコットランド貴族の第3代アバディーン伯爵ジョージ・ゴードンEnglish版の息子であるハッド卿ジョージ・ゴードンEnglish版の長子として、スコットランド・エディンバラで誕生した[1][2]。母はシャーロット(旧姓バード)[2]

1791年に父、1795年に母を亡くしたため、小ピットと初代メルヴィル子爵ヘンリー・デュンダスEnglish版が後見人となって育てられた[3]

パブリックスクールハーロー校ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジEnglish版で学んだ[3][1]

1801年8月、祖父が亡くなり、第4代アバディーン伯爵爵位を継承した[3][1]。1805年に最初の妻キャサリン・ハミルトン(初代アバコーン侯爵ジョン・ハミルトンEnglish版の娘)と結婚[3]

最初の妻キャサリンが亡くなった1812年、彼は外務省に加わった。1813年に駐オーストリア大使English版に就任し、ウィーンへ赴任し、イギリス=オーストリア間の反ナポレオンの同盟トプリッツ条約English版に署名した。しかし外相カスルリー子爵と対立してパリ条約の頃に辞職した[3]。1814年6月には連合王国貴族のアバディーンのゴードン子爵(Viscount Gordon of Aberdeen)に叙され、貴族院議員に列した[4]

1815年にハリエット・ダグラスと再婚し、1818年には勅許を得て、亡き先妻の姓を加えて「ハミルトン=ゴードン」の二重性に改めた[2]

10年ほどスコットランドの領地の経営に専念し、政治からは遠ざかっていたが、1828年にウェリントン公爵政権でランカスター公領担当大臣English版、ついで外相として入閣する[3]

1834年から1835年の第一次ピール内閣では陸軍・植民地大臣として入閣し、1841年の第二次ピール内閣でも再び外相になる。南京条約を締結させてメルバーン子爵前政権下で勃発したアヘン戦争を終結させると、ヨーロッパ列強とアメリカと宥和外交を展開した。特にアメリカとの関係を重視して、ウェブスター=アッシュバートン条約を結び国境問題の解決にあたる。フランス外相フランソワ・ピエール・ギヨーム・ギゾーとの関係も強化し、タヒチ問題ではフランスに譲歩した。アフガニスタン問題でもロシアに譲歩している。外務省出身だったアバディーン伯は、長く軍事関係の役職をやっていた前任者で同年齢のパーマストン子爵ヘンリー・ジョン・テンプルとは正反対の外交観を持っていた[5][6]

1846年の穀物法廃止をめぐる論争では首相ピールの穀物自由貿易路線を支持した。結局穀物法は廃止されたが、保守党は分裂し、ピールは保守党内自由貿易派を率いてピール派を立ち上げた。アバディーンもこれに参加した[6]

1850年にピールが死去すると代わってピール派の指導者となる。1852年12月にダービー伯爵保守党政権が崩壊したが、ホイッグ党はジョン・ラッセル卿派とパーマストン子爵派の二大派閥に分裂していたため、首相を出すことができず、ピール派のアバディーンが組閣の大命を受けた。ピール派6人、ホイッグ7人、急進派1人から成る連立政権だった[7][6]

アバディーンは平和外交家として知られていたが、東方問題ロシアトルコが開戦すると、反ロシアの世論や閣僚(内相パーマストンや外相ラッセル)を抑えられず、1854年3月にロシアに宣戦布告する(クリミア戦争[8]。だが戦争の長期化に伴い国民の支持を失う。わずか2年足らずで政権は崩壊し、閣内にいたパーマストン内相に戦争の采配をゆずった[6]

退任後、イギリスを戦争に導いてしまったと後悔し続けたという。1860年12月14日にロンドンで死去した[6]。爵位と財産は息子のジョージEnglish版が継承した。

栄典

ファイル:4th Earl of Aberdeen.jpg
アバディーン伯爵(トマス・ウォールノース画)

爵位・準男爵位

勲章

その他

家族

1805年にキャサリン・エリザベス・ハミルトン(初代アバコーン侯爵ジョン・ハミルトンEnglish版の娘)と結婚。彼女との間に以下の4子を儲けた[2]

  • 第1子(長女)ジェーン・ハミルトン=ゴードン嬢(1807-1824)
  • 第2子(次女)シャーロット・キャサリン・ハミルトン=ゴードン嬢(1808-1818)
  • 第3子(三女)アリス・ハミルトン=ゴードン嬢(1809-1829)
  • 第4子(長男)ハッド卿、名前不詳(1810)

1812年にキャサリンと死別し、1815年にハリエット・ダグラスと再婚した。彼女との間に以下の5子を儲ける[2]

脚注

注釈

出典

参考文献

外部リンク

公職
先代:
ベックスレー卿English版
イギリスの旗 ランカスター公領担当大臣English版
1828年
次代:
チャールズ・アーバスノットEnglish版
先代:
初代ダドリー伯爵English版
イギリスの旗 外務大臣
1828年1830年
次代:
第3代パーマストン子爵
先代:
トーマス・スプリング・ライスEnglish版
イギリスの旗 陸軍・植民地大臣
1834年1835年
次代:
グレネルグ卿English版
先代:
第3代パーマストン子爵
イギリスの旗 外務大臣
1841年1846年
次代:
第3代パーマストン子爵
先代:
第14代ダービー伯爵
イギリスの旗 首相
1852年1855年
次代:
第3代パーマストン子爵
イギリスの旗 貴族院院内総務
1852年1855年
次代:
第2代グランヴィル伯爵
外交職
先代:
アーサー・パゲットEnglish版
イギリスの旗 駐オーストリア大使English版
1813年1814年
次代:
第3代ロンドンデリー侯爵
名誉職
先代:
第18代エロール伯爵
アバディーンシャー総督English版
1846年1860年
次代:
第10代ハントリー侯爵English版
スコットランドの爵位
先代:
ジョージ・ゴードンEnglish版
20px 第4代アバディーン伯爵
1801年1860年
次代:
ジョージ・ハミルトン=ゴードンEnglish版
イギリスの爵位
先代:
創設
20px 初代アバディーンのゴードン子爵
1814年1860年
次代:
ジョージ・ハミルトン=ゴードンEnglish版


テンプレート:イギリスの外務大臣