actions

ジョン・テューキー


ジョン・ワイルダー・テューキー(John Wilder Tukey, 1915年6月16日 - 2000年7月26日)はアメリカの数学者統計学者

生涯

1915年、マサチューセッツ州ニューベッドフォードで生まれる。ブラウン大学で化学の学士号(1936年)と修士号(1937年)を取得後、プリンストン大学数学の博士号を取得。

第二次世界大戦中は Fire Control Research Office で Samuel WilksWilliam Cochran と共に働いた。戦後プリンストンに戻り、大学とベル研究所で研究を行った。

アメリカ統計学会の委員として、キンゼイ報告と結論が対立する報告(Statistical Problems of the Kinsey Report on Sexual Behavior in the Human Male)の作成に関与した。

1982年、「確率過程のスペクトル分析と高速フーリエ変換 (FFT) アルゴリズムへの貢献に対して」IEEE栄誉賞を受賞。

1985年に現役を引退。2000年7月26日、ニュージャージー州ニューブランズウィックで亡くなった。

科学への貢献

統計学への興味は広範囲に渡っていた。特に、ジェイムズ・クーリーと共にFFTアルゴリズムを開発したことで知られている。1970年には、後に「ジャックナイフ法」と呼ばれるようになった統計手法にも多大な貢献をした。また、1977年の著書 Exploratory Data Analysis箱ひげ図を導入した。

テューキーの名を冠した用語としては、テューキー検定(テューキーの方法)、テューキーのラムダ分布、テューキー・クレーマーの方法テューキーの補題などがある。他にも、3項平均 (trimean) や線形回帰の単純な代替であるmedian-median lineなどの手法も生み出した。

統計用語と手法

テューキーは、その後広く使われるようになった統計用語を多数生み出したが、以下の最も有名な2つの用語は計算機科学に関するものである。

ジョン・フォン・ノイマンと共同でコンピュータの設計に関わっていたとき、"binary digit" を短縮して "bit" という造語を生み出した[1]。"bit" という用語は、1948年のクロード・シャノンの論文『通信の数学的理論』で早くも使われている。

"software" という用語は Paul Niquette が1953年に作ったと主張しているが、印刷物でこの単語が最初に見られるのは1958年のテューキーの論文(American Mathematical Monthly 誌)であり、テューキーの考案した用語とする人もいる[2]

テューキーはまた、仮説検定(確証的データ解析)ばかりが重視されている風潮に反対し、探索的データ解析 (EDA) も重要だと提唱した。彼はこれらの解析手法を分離したほうがよいと信じていたが、自然科学ではそれが問題を生じることがあり、そのような状況を uncomfortable science と名付けた。

出版物

  • Andrews, David F; Peter J Bickel; Frank R Hampel; Peter J Huber; W H Rogers & John W Tukey (1972). Robust estimates of location: survey and advances. Princeton University Press. ISBN 0-691-08113-1. OCLC 369963. 
  • Basford, Kaye E & John W Tukey (1998). Graphical analysis of multiresponse data. Chapman & Hall/CRC. ISBN 0-8493-0384-2. OCLC 154674707. 
  • Blackman, R B & John W Tukey (1959). The measurement of power spectra from the point of view of communications engineering. Dover Publications. ISBN 0-486-60507-8. 
  • Cochran, William G; Frederick Mosteller & John W Tukey (1954). Statistical problems of the Kinsey report on sexual behavior in the human male. American Statistical Association. 
  • Hoaglin, David C; Frederick Mosteller & John W Tukey (eds) (1983). Understanding Robust and Exploratory Data Analysis. Wiley. ISBN 0-471-09777-2. OCLC 8495063. 
  • Hoaglin, David C; Frederick Mosteller & John W Tukey (eds) (1985). Exploring Data Tables, Trends and Shapes. Wiley. ISBN 0-471-09776-4. OCLC 11550398. 
  • Hoaglin, David C; Frederick Mosteller & John W Tukey (eds) (1991). Fundamentals of exploratory analysis of variance. Wiley. ISBN 0-471-52735-1. OCLC 23180322. 
  • Morganthaler, Stephan & John W Tukey (eds) (1991). Configural polysampling: a route to practical robustness. Wiley. ISBN 0-471-52372-0. OCLC 22381036. 
  • Mosteller, Frederick & John W Tukey (1977). Data analysis and regression : a second course in statistics. Addison-Wesley. ISBN 0-201-04854-X. OCLC 3235470. 
  • Tukey, John W (1940). Convergence and Uniformity in Topology. Princeton University Press. ISBN 0-691-09568-X. OCLC 227948615. 
  • Tukey, John W (1977). Exploratory Data Analysis. Addison-Wesley. ISBN 0-201-07616-0. OCLC 3058187. 
  • Tukey, John W; Ian C Ross; Verna Bertrand; et al. (1973–). Index to statistics and probability. R & D Press. ISBN 0-88274-001-6. OCLC 745715. 
The collected works of John W Tukey, edited by William S Cleveland
  • Brillinger, David R (ed) (1984). Volume I: Time series, 1949–1964. Wadsworth. ISBN 0-534-03303-2. OCLC 10998116. 
  • Brillinger, David R (ed) (1985). Volume II: Time series, 1965–1984. Wadsworth. ISBN 0-534-03304-0. OCLC 159731367. 
  • Jones, Lyle V (ed) (1985). Volume III: Philosophy and principles of data analysis, 1949–1964. Wadsworth & Brooks/Cole. ISBN 0-534-03305-9. OCLC 159731367. 
  • Jones, Lyle V (ed) (1986). Volume IV: Philosophy and principles of data analysis, 1965–1986. Wadsworth & Brooks/Cole. ISBN 0-534-05101-4. OCLC 165832503. 
  • Cleveland, William S (ed) (1988). Volume V: Graphics, 1965–1985. Wadsworth & Brooks/Cole. ISBN 0-534-05102-2. OCLC 230023465. 
  • Mallows, Colin L (ed) (1990). Volume VI: More mathematical, 1938–1984. Wadsworth & Brooks/Cole. ISBN 0-534-05103-0. OCLC 232966724. 
  • Cox, David R (ed) (1992). Volume VII: Factorial and ANOVA, 1949–1962. Wadsworth & Brooks/Cole. ISBN 0-534-05104-9. OCLC 165366083. 
  • Braun, Henry I (ed) (1994). Volume VIII: Multiple comparisons, 1949–1983. Chapman & Hall/CRC. ISBN 0-412-05121-4. OCLC 165099761. 

脚注・出典

  1. The origin of the 'bit'
  2. John Tukey, 85, Statistician; Coined the Word 'Software', New York Times, Obituaries, July 28, 2000

関連項目

外部リンク