actions

ジョン・クィンシー・アダムズ

アダムズ.jpg

ジョン・クィンジー・アダムズ英語: John Quincy Adams [dʒɑn ˈkwɪnzi ˈædəmz];, 1767年7月11日 - 1848年2月23日

アメリカ合衆国の政治家,法律家。第2代大統領(在任 1797~1801)。1755年ハーバード大学卒業。しばらく教鞭をとったのち法律を修め,1758年弁護士の資格を取得。1765年政界に入り,1770年ボストン虐殺事件の殺人の容疑者であるイギリス兵の弁護を引き受け,無罪とした。1771年マサチューセッツの下院議員に選出された。その後,マサチューセッツの代表の一人として植民地の独立を強く主張し,1776年にはアメリカ独立宣言起草委員会委員に任命された(アメリカ独立戦争)。アメリカ独立後の困難な時期に外国との交渉に活躍。1785年アメリカ最初のロンドン駐在公使に任命された。1789~97年初代大統領ジョージ・ワシントンのもとで副大統領を務めた。1796年の大統領選挙で,トマス・ジェファーソンを破って当選。大統領就任時,外交面では対フランス関係の悪化,国内ではリパブリカンズ(共和派)の副大統領ジェファーソン支持派と,連邦派の指導者アレクサンダー・ハミルトンを支持する閣僚に囲まれ,困難な状態にあった。アダムズ自身フランスと対立する立場をとっていたが,ヨーロッパの紛争には巻き込まれないという外交政策を基本に,かろうじてフランスとの中立を守り通した。そのためハミルトンと意見が合わず,アダムズの平和政策は屈従であると党内から批判され孤立した。結局党をまとめることができず,国内政策では無理をし,外人法および治安法の制定,軍備のための課税などで不評を買った。1800年の大統領選挙でジェファーソンに敗れ,政治生命を絶たれた。




楽天市場検索: