操作

アメリカ独立戦争

United States War of Independence


アメリカ十三植民地が,イギリス本国の重商主義政策に反抗して,独立を達成した戦争。

アメリカ独立革命 American Revolutionともいう。イギリスはアメリカ植民地に対し,次第に重商主義政策を強めていたが,七年戦争 (1756~63) によって悪化した財政状態を建直すため,さらに新しくきびしい植民地政策をとった。国王宣言 (63) ,通貨法 (64) ,砂糖法 (64) ,印紙税法 (65) ,軍隊宿営法 (65) ,タウンゼンド諸法がこれである。植民地人はこれに反抗し,イギリス商品不買運動,本国議会への請願を繰返したが,1770年3月5日にはボストン虐殺事件,73年 12月 16日にはボストン茶会事件などが起った。

イギリスは植民地懲罰諸法を定め,植民地側は 74年大陸会議を結成してこれに対抗し,75年4月 19日レキシントンとコンコードで本国軍と植民地民兵が衝突し,独立戦争が始った。同年5月開かれた第2回大陸会議では,独立を主張する愛国派,本国との和解を望むロイヤリスト (王党派) が対立したが,その後戦争の進展や T.ペインの『常識』の刊行もあって愛国派の勢力は増大し,大陸会議は 76年7月4日,T.ジェファーソンの起草になる独立宣言を公布した。アメリカ独立軍の戦いは苦しかったが,77年 10月 17日サラトガで勝利を収めると,フランスはやがて米仏同盟を結び,加えてスペイン,オランダなどもイギリスに敵対行動をとったので,状況は次第に独立軍に有利となった。

イギリスは戦場をロイヤリストの多い南部に移して戦ったが,アメリカ,フランスの共同作戦のため,81年 10月 19日ヨークタウンで司令官 C.コーンウォリスが降伏し,戦争は事実上終了した。イギリスとの和平条約は 83年9月3日パリで調印され,アメリカの独立,その領土として西はミシシッピ川まで,南は東西フロリダまで,北は五大湖と北緯 45度までの地域が決定された。