actions

カール1世 (オーストリア皇帝)

カール1世ドイツ語: Karl I.1887年8月17日 - 1922年4月1日)は、最後のオーストリア皇帝(在位:1916年11月21日 - 1918年11月12日)。ハンガリー国王としてはカーロイ4世ハンガリー語: IV. Károly)。オーストリア帝国内ボヘミア国王としてはカレル3世チェコ語: Karel III.)。福者

概要

大伯父であるフランツ・ヨーゼフ1世の後継者として1916年に即位し、オーストリア=ハンガリー帝国の統治者となった。第一次世界大戦に敗れて「国事不関与」を宣言したが、王権神授説の観点から退位は拒絶した。莫大な皇室財産のほとんどを新生のオーストリア共和国に没収された後、二度にわたってハンガリー国王への復帰運動を企てたが失敗し、ポルトガルマデイラ島に流されて困窮の中で病死した。

カトリック教会への篤い信仰心を持ち、フランス首相クレマンソーからは「中欧における教皇[1]」と、時のローマ教皇ベネディクト15世からは「私のお気に入りの子[1]」と呼ばれ、20世紀国家元首としては初めての福者になった。

脚注



楽天市場検索: