操作

カール1世 (オーストリア皇帝)

カール1世 / カーロイ4世
Karl I. / IV. Károly
オーストリア皇帝ハンガリー国王
在位 1916年11月21日1918年11月12日
戴冠 1916年12月30日、於マーチャーシュ聖堂(ハンガリー国王)
全名 Karl Franz Joseph Ludwig Hubert Georg Otto Maria von Habsburg-Lothringen
カール・フランツ・ヨーゼフ・ルートヴィヒ・フーベルト・ゲオルク・オットー・マリア・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン
出生 (1887-08-17) 1887年8月17日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ペルゼンボイク=ゴッツドルフペルゼンボイク城
死去 (1922-04-01) 1922年4月1日(34歳没)
Flag of Portugal.svg ポルトガルフンシャル
埋葬 Flag of Portugal.svg ポルトガルフンシャルノッサ・セニョーラ・ド・モンテ教会
スイスの旗 スイスムーリムーリ修道院(心臓)
配偶者 ツィタ・フォン・ブルボン=パルマ
子女
王家 ハプスブルク=ロートリンゲン家
父親 オットー・フランツ・フォン・エスターライヒ
母親 マリア・ヨーゼファ・フォン・ザクセン
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

カール1世ドイツ語: Karl I.1887年8月17日 - 1922年4月1日)は、最後のオーストリア皇帝(在位:1916年11月21日 - 1918年11月12日)。ハンガリー国王としてはカーロイ4世ハンガリー語: IV. Károly)。オーストリア帝国内ボヘミア国王としてはカレル3世チェコ語: Karel III.)。福者

概要

大伯父であるフランツ・ヨーゼフ1世の後継者として1916年に即位し、オーストリア=ハンガリー帝国の統治者となった。第一次世界大戦に敗れて「国事不関与」を宣言したが、王権神授説の観点から退位は拒絶した。莫大な皇室財産のほとんどを新生のオーストリア共和国に没収された後、二度にわたってハンガリー国王への復帰運動を企てたが失敗し、ポルトガルマデイラ島に流されて困窮の中で病死した。

カトリック教会への篤い信仰心を持ち、フランス首相クレマンソーからは「中欧における教皇[1]」と、時のローマ教皇ベネディクト15世からは「私のお気に入りの子[1]」と呼ばれ、20世紀国家元首としては初めての福者になった。

脚注



Rakuten 楽天市場検索: