操作

オルドス市

中華人民共和国 内モンゴル自治区 鄂爾多斯市
旧称:伊克昭盟
内モンゴル自治区の中のオルドス市の位置
簡体字 鄂尔多斯
繁体字 鄂爾多斯
拼音 È'ĕduōsī
カタカナ転写 アーアールドースー
モンゴル文字 ᠣᠷᠳᠣᠰ
ᠬᠣᠲᠠ
モンゴル語キリル文字 Ордос хота
モンゴル語ローマ字転写 Ordos qota
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
自治区 内モンゴル
行政級別 地級市
面積
総面積 86,752 km²
人口
総人口(2008) 151.4 万人
経済
電話番号 0477
郵便番号 017000
ナンバープレート 蒙K
行政区画代碼 150600
公式ウェブサイト http://www.ordos.gov.cn/

オルドス市(オルドスし、モンゴル語ᠣᠷᠳᠣᠰ
ᠬᠣᠲᠠ
、 Ordos qota、中国語:鄂尔多斯市、英語:Ordos)は中華人民共和国内モンゴル自治区西南部に位置する地級市黄河が北に大きく屈曲した地点にあたるオルドス高原に位置する。2002年2月26日、伊克昭(イフ・ジョー)盟から市となった。

行政区画

2市轄区、7を管轄する。

オルドス市の地図

年表

綏遠省イフ・ジョー盟

イフ・ジョー盟モンゴル族自治区

  • 1949年12月21日 (1県7旗)
    • 東勝県を編入。
    • ダラト旗組訓処がダラト旗に編入。
    • 桃力民弁事処がオトク旗・ハンギン旗に分割編入。
  • 1950年4月7日 (1県7旗2区)
  • 1950年6月1日 - 山西省興県専区河曲県の一部が分立し、十里長灘区が発足。(1県7旗3区)
  • 1951年11月20日 - 陝西省楡林専区靖辺県の一部がオトク旗に編入。(1県7旗3区)
  • 1952年2月 - 寧夏省陶楽県の一部がオトク旗に編入。(1県7旗3区)
  • 1952年10月21日 (1県7旗)
    • 通格朗区・ダルグート区がジャサク旗に編入。
    • 十里長灘区がジュンガル旗に編入。
  • 1953年9月15日 - 集寧専区包頭県の一部がダラト旗に編入。(1県7旗)
  • 1953年9月28日 (1県7旗)
  • 1954年1月28日 - 綏遠省の内モンゴル自治区への編入により、内モンゴル自治区イフ・ジョー盟となる。

内モンゴル自治区イフ・ジョー盟

  • 1954年6月 - 平地泉行政区サラチ(薩拉斉)県の一部がダラト旗に編入。(1県7旗)
  • 1955年1月10日 - ジュンガル旗の一部が平地泉行政区サラチ県に編入。(1県7旗)
  • 1956年6月1日 - 陝西省楡林専区靖辺県の一部がウーシン旗に編入。(1県7旗)
  • 1958年11月21日 - 郡王旗・ジャサク旗が合併し、エジンホロ旗が発足。(1県6旗)
  • 1960年1月7日 - バヤンノール盟磴口県の一部がオトク旗に編入。(1県6旗)
  • 1961年7月9日 - オトク旗の一部(桌子山鉱区)が分立し、海勃湾市が発足。(1市1県6旗)
  • 1975年8月30日 - 海勃湾市がバヤンノール盟ウダ市と合併し、地級市の烏海市となる。(1県6旗)
  • 1980年8月12日 - オトク旗の一部が分立し、オトク前旗が発足。(1県7旗)
  • 1983年10月10日 - 東勝県が市制施行し、東勝市となる。(1市7旗)
  • 2001年2月26日 - イフ・ジョー盟が地級市のオルドス市に昇格。

オルドス市

  • 2001年2月26日 - イフ・ジョー盟が地級市のオルドス市に昇格。(1区7旗)
    • 東勝市が区制施行し、東勝区となる。
  • 2003年 - エジンホロ旗の一部が東勝区に編入。(1区7旗)
  • 2016年6月8日 - 東勝区の一部が分立し、ハイバグシュ区が発足。(2区7旗)

歴史

オルドス市の市域は遊牧の好適地であるとともに、モンゴル高原から華北、華北からモンゴル高原に通じる交通上の要衝であり、古くは匈奴が争奪した地帯である。匈奴の呼韓邪単于は、後漢に従いこの地に王庭をおいた。15世紀モンゴルオルドス部が移住してきたため、これにちなんで地名の上でもオルドスと呼ばれるようになった。オルドスはモンゴル語テュルク語で「宮廷」を意味する「オルド」が語源であり、この集団はモンゴル帝国の始祖チンギス・ハーンの生前の宮廷をチンギスの霊廟として奉祀しており、現在も成吉思汗陵中文版が存在している(ただし、実際の墓ではない。もともと移動式のゲルでチンギス・ハーンを祀っていたのを変更して、周恩来ウランフの後押しで1956年にできた建物であり、遺骸は棺になく、弓矢や鞍などが祀られてる。しかし、棺を担いだオルドスの扎薩克で中国最後のモンゴル王公である奇忠義中文版は人骨の一部が納められていたとも証言している[1])。

17世紀にオルドス部がに服属すると、清は盟旗制によりオルドス部に7つの旗を置いてオルドス王家の後裔を各旗の旗長とし、オルドス7旗を1盟(イフ・ジョー盟)とした。

辛亥革命後の1928年国民政府綏遠省を置き、イフ・ジョー盟はその南部に吸収された。満州事変後、日本関東軍の支援を受けて徳王(デムチュクドンロブ)の自治独立運動が起こるとイフ・ジョー盟もこれに加わり、1939年成立の蒙古連合自治政府傘下に入った。国共内戦後、中華人民共和国のもとで最終的に綏遠省が廃止されて行政区として復活し、1956年に内モンゴル自治区に加わった。

経済

産業

招商局(企業誘致局)によると、羊(カシミア)、煤(石炭)、土(カオリン=陶土)、気(天然ガス)、風(風力発電)、光(太陽光発電)を主に産出し、埋蔵されている鉱物資源は50種類を超える[2]。石炭だけで2250億元(約2兆9250億円)の収益がある[2]。2004年から炭鉱用地の収用が始まり、多くの農牧民が多額の補償金を受け取った[2]

  • 石炭の予想埋蔵量は1兆トン、確認埋蔵量は4860億トンである。内モンゴル自治区の2分の1、全国の6分の1を占める。
  • 天然ガスの確認埋蔵量は2兆3000億立方メートルである。全国の3分の1を占める。
  • トロナ6000万トン
  • 石膏35億トン
  • 硫酸ナトリウム70億トン
  • カオリン(陶土)65億トン
  • 珪砂5000万トン
  • 食塩1000万トン など

特産の山羊からアルパシ・カシミアが取れる[2]

貧困都市であったが、1990年代から石炭生産に力を入れたことで中国有数の産炭地となり、石炭バブルによって空前の好景気に沸いた[3]2000年西部大開発プロジェクトを受けて開発が進み[4]、人口も約30万人から200万近くに急増した。1人当たり域内総生産(GDP)が2007年北京上海[5]を抜き、2010年には香港マカオと並ぶ中国トップクラス[3]となり、バブル崩壊まで「中国一豊かな都市」と呼ばれた[6]

不動産開発

ファイル:StatueInOrdos.jpg
康巴什新区のチンギスハーン広場

2003年から建設が始まった康巴什新区(カンバシ新区)のような巨大なニュータウンでは、開発と不動産投資が急速に進みすぎ、人の住まない住宅が増えて鬼城(ゴーストタウン)化も問題視されるようになっている[7]。『浙商網・浙江経済報道』の2013年の報道によると、石炭価格の大幅な値下がりにより市内に35ある炭鉱の半数以上が停止しており、市の成長率は内モンゴル最下位にまで落ち込んだと報じられており、1,000億元以上の負債を抱え、不動産市場が崩壊しているオルドス市は危機に瀕しており、中国の地方政府として初の破産に直面していると報じる中国メディアもあった[8]

仮想通貨の採掘

バブル崩壊後のオルドスはコンピュータ仮想通貨の採掘で消費する莫大な電力が安価で済むことからビットコインの採掘場として再び注目を浴び、北京に本社を置く世界最大[9]のマイナーであるビットメインEnglish版の巨大工場が立地していた[10][11]。仮想通貨の取引は中国では違法だが、売却で得た利益が中国に還元されるということや[12]、世界の7割超を中国が占める採掘活動を支配する思惑もあって暫く中国政府に容認されていた[13]

交通

著名な出身者

  • 楊晶(政治家。内モンゴル自治区政府主席)
  • 巴特爾(バスケットボール選手)
  • 楊海英(文化人類学者)

施設

脚注

  1. 中国末代蒙古王爷奇忠义揭秘成吉思汗陵”. 人民網 (2004年11月2日). . 2016閲覧.
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 現地リポ:「中国のドバイ」はゴーストタウン 北村豊 日経ビジネスオンライン(2016/08/06閲覧)
  3. 3.0 3.1 「鬼しか住まぬ」中国オルドス 石炭バブルが崩壊 日本経済新聞 2013/8/15
  4. 三井物産の取り組み-挑戦と創造「内モンゴルの未来に新しい価値を」 三井物産、2008年2月
  5. “亡霊都市”建設で当局が釈明・反論―内モンゴル・オルドス
  6. バブル崩壊「打つ手なし」-中国内モンゴル・オルドス、石炭暴落でゴーストタウンに
  7. 「無人都市 群がるマネー」読売新聞 2011年2月8日
  8. 「ゴーストタウン」と呼ばれたオルドス市、破産の危機に直面 石炭産業への過度な依存が市財政を圧迫 p4日経ビジネス、2013年7月12日
  9. “仮想通貨を規制する中国、何が起きているのか”. フォーブス. (2017年9月24日). https://forbesjapan.com/articles/detail/17807 . 2018閲覧. 
  10. “高騰し続ける仮想通貨Bitcoinを掘る世界最大のマイニング工場に潜入、2万5000台のマシンを酷使する採掘現場の恐るべき実態に迫る”. GIGAZINE. (2017年8月24日). http://gigazine.net/news/20170824-largest-bitcoinmine/ . 2018閲覧. 
  11. “【専欄】中国、ビットコイン規制の行方 マイニング禁止の事態に備える動きも”. フジサンケイ ビジネスアイ. (2017年10月17日). http://www.sankeibiz.jp/macro/news/171017/mcb1710170500011-n1.htm . 2018閲覧. 
  12. ビットコイン分裂 中国の採掘2社が語る通貨の未来”. NIKKEI STYLE (2017年12月28日). . 2018閲覧.
  13. Katrina Hamlin (2017年8月17日). “中国のしたたかなビットコイン戦略”. ロイター. . 2018閲覧.

関連項目

外部リンク