actions

オストラヴァ

オストラヴァ
位置
オストラヴァの位置の位置図
オストラヴァの位置
座標 : 東経18度17分33秒北緯49.83556度 東経18.2925度49.83556; 18.2925
歴史
建設 1267年
地理
面積  
  域 214 km2
標高 260 m
人口
人口 (2007年現在)
  域 318,726人
    人口密度   1,446.4人/km2
公式ウェブサイト : www.ostrava.cz

オストラヴァOstrava)は、チェコ第3の都市。シレジア地方に位置する。ドイツ語ではオストラウ(Ostrau)。この都市で音楽家のレオシュ・ヤナーチェクが没した。

地勢・産業

オドラ川(独・オーデル川)とオストラヴィツェ川の合流点近くに位置している工業都市。かつては石炭の採掘で栄えたが、1990年代までにほぼ枯渇しており、現在は採掘されていない。しかし、チェコのEU加盟を契機としてモラヴィア地方への外国資本進出が進んでおり、ブルノ(チェコ第2の都市、モラヴィア地方最大)についで、オストラヴァに拠点を置こうとする外国資本も増加している。地勢上はポーランドとの国境に近く、約10km程度でポーランド国境に達する。近隣の都市としては、約80km南西のオロモウツ、70km北東のカトヴィツェ(ポーランド)などが挙げられる。

歴史

18世紀後半までは小村であったが、石炭が埋蔵されていることがわかると、急速に工業が発展していった。19世紀後半には、オーストリア帝国における鉄鋼生産の拠点の一つとなった。しかし、それゆえに第二次世界大戦では空爆の対象となり、街は荒廃した。

文化

この都市で、チェコを代表する音楽家であるレオシュ・ヤナーチェクが没した。彼の名をとったヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団が、オストラヴァを拠点として活動を行っている。

スポーツ

FCバニーク・オストラヴァが、オストラヴァを本拠地とするサッカークラブである。チェコを代表するFWであるミラン・バロシュは、このクラブからキャリアを開始させ、2001年にリヴァプールFCへと移籍した。

イワン・レンドル(Ivan Lendl, 1960年3月7日 - )は、チェコスロバキア・オストラヴァ出身の元男子プロテニス選手。

姉妹都市

外部リンク