操作

オスカル・テーノ

オスカル・テーノOscar Emil Törnå1842年10月18日 - 1894年6月3日)は、スウェーデン画家である。

解説

フランスパリ郊外のグレー=シュル=ロワンは芸術家の集まる村として知られ、1880年代は特に北欧の画家が多く集まっていた。それに先立つ1876年にテーノがグレー村で描いた絵画が、スウェーデン人によるグレー村での最も早期の作品となった[1]

主な作品

脚注

  1. 荒屋鋪透「カール・ラーションへの旅-スンドボーンとグレー=シュル=ロワン」『カール・ラーション展』191頁。

参考文献

関連項目

外部リンク

三重県立美術館サイト内。参考文献の論文の再掲。


テンプレート:North-europe-stub