actions

エリュシクトーン

ファイル:Bauer - Erysichthon Mnestra.jpg
ムネーストラーを売るエリュシクトーン

エリュシクトーン古希: Ἐρυσίχθων, Erysichthōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してエリュシクトンとも表記される。主に、

の2名が知られている。以下に説明する。

トリオプスの子

このエリュシクトーンは、トリオプスの子で、ムネーストラー(メーストラー)の父。エリュシクトーンは傲慢な人物だったので、デーメーテールに罰せられたという。

テッサリアーデーメーテールの聖森があり、1本の神聖な樫の巨木がそびえていた。これはデーメーテールが大切にしていた木で、その木の下ではニュムペーが舞い踊り、人々もこれを信仰していた。ところがエリュシクトーンはニュムペーの制止も聞かずにデーメーテールの樫を切り倒した。これを知ったデーメーテールは「飢餓」に命じ、エリュシクトーンに決して癒えない飢えを起させた。エリュシクトーンは激しい飢えのためにまたたく間に財産を食いつぶし、残った娘ムネーストラーをも売り飛ばした。ムネーストラーはポセイドーンに助けを求めると、ポセイドーンは彼女に変身する力を与えたので、ムネーストラーは別の人間に変身して逃げ帰った。そこでエリュシクトーンは何度も娘を売り飛ばし、そのたびに彼女は様々な動物に変身して逃げ帰って父を助けた。しかしエリュシクトーンの飢えはひどくなり、巷にさまよい出て乞食となり、ついには自分の指や手足、腹を含む全身を食らった末、骨と皮ばかりとなった体に残された唇を食って死んだという[1]

系図

テンプレート:カナケーの系図

ケクロプスの子

このエリュシクトーンは、アテーナイの初代の王ケクロプスとアグラウロスの子で、ヘルセー、アグラウロス、パンドロソスと兄弟[2][3]

一説によるとアテーナーポセイドーンアッティカの領有をめぐって争ったときに勝者の判定したのはエリュシクトーンだった[4]。しかしエリュシクトーンは若くして死に、子もいなかったため、ケクロプスの死後アテーナイの王権はクラナオスにわたった[3]。エリュシクトーンの死は彼がデロス島から帰る航海の途中のことで、プラシアイにはエリュシクトーンの墓があった[5]。なお、アテーナイのエイレイテュイアの神殿にあった最も古い神像はエリュシクトーンがデロス島から持ち帰ろうとしたものであった[6]

脚注

  1. オウィディウス『変身物語』8巻。
  2. アポロドーロス、3巻14・2。
  3. 3.0 3.1 パウサニアス、1巻2・6。
  4. アポロドーロス、3巻14・1。
  5. パウサニアス、1巻31・2。
  6. パウサニアス、1巻18・5。

参考文献