actions

クラナオス

クラナオス古希: Κραναός, Kranaos)は、ギリシア神話の人物で、アテーナイの王である。

クラナオスは大地から生まれたといわれ、ラケダイモーンのミュネースの娘ペディアスを妻とし、クラナエー、メナイクメー、アッティスをもうけた[1]

クラナオスはアッティカ地方の有力者で[2]、一説にアテーナイの初代の王ケクロプスとともにアテーナーポセイドーンの争いを判定した[3]。ケクロプスが死んだとき後継者がいなかったため、一番の有力者だったクラナオスが王となったが、この時代にデウカリオーンの大洪水が起こった。また娘のアッティスが処女のうちに死んだため、クラナオスは娘の名をとってこの地方の名をアッティス(アッティカ)と名づけた[4]。後にクラナオスは娘の1人と結婚したアムピクテュオーンによって王位を追われ[5]、アッティカのランプトライで死んだ。この地にはクラナオスの墓があったという[6]

脚注

  1. アポロドーロス、3巻14・5。
  2. パウサニアス、1巻2・6。
  3. アポロドーロス、3巻14・1。
  4. アポロドーロス、3巻14・5。
  5. アポロドーロス、3巻14・6。パウサニアス、1巻2・6。
  6. パウサニアス、1巻31・2。

参考文献