actions

エドワード

Edward

[生] 1002./1005. イズリップ
[没] 1066.1.5. ロンドン

イギリス,アングロ・サクソン時代のイングランド王(在位 1042~66)。アゼルレッド2世の子。信仰深く「懺悔王」の異名をもつ。

デーン王朝カヌートがイングランドを支配している間は母エマの故国ノルマンディーに亡命。デーン王朝が終わると帰国して即位。ノルマン人を多く用い国内は混乱した。ウェストミンスター寺院の聖堂を建立し(1065聖別),1161年に聖者に列せられた。

嗣子がなかったため死後ノルマン・コンクェストを招いた。