actions

ウェストミンスター寺院

estminster Abbey


イギリスロンドンウェストミンスターにある大聖堂。11世紀以来イギリス国王の戴冠式および埋葬式が行なわれ,国王をはじめ王族,イギリスの誇る芸術家,政治家,科学者らの墓碑がある。

のちのウェストミンスターとなるソーニー島には 785年頃すでに修道院が存在していたが,960年頃に修道士ダンスタンが移住し,拡張・改築された。今日の聖堂はエドワード王が創建し 1065年に聖別,その後 1245年から 1269年にかけてヘンリー3世により再建された。

聖堂(現在はクリプト)および最も美しい 13世紀建築の一つである参事会室は 1245年から 1250年に造営,1352~66年に改修された。当初の建築はおそらくフランスのランスの工匠による設計で,フランス・ゴシック様式(ゴシック建築)の平面と様式をもち,その後は初期イギリス様式を展開。1503~19年頃にヘンリー7世が造営した聖母礼拝堂にはイギリス特有のパーペンディキュラー様式がみられる。1734~45年ニコラス・ホークスムアおよびジョン・ジェームズにより建造された西塔はゴシック・リバイバルの好例である。1987年イギリス国会議事堂,セント・マーガレット聖堂とともに世界遺産の文化遺産に登録。