操作

ウィンストン・チャーチル

ウィンストン・チャーチル
Winston Churchill
生年月日 1874年11月30日
出生地 イギリスの旗 イギリス ウッドストック ブレナム宮殿
没年月日 (1965-01-24) 1965年1月24日(90歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
出身校 ハーロー校
サンドハースト王立陸軍士官学校
前職 軍人従軍記者
所属政党 保守党1900年-1904年
自由党1904年-1924年
保守党(1924年-1964年

在任期間 1940年5月10日 - 1945年7月26日[1]
1951年10月26日 - 1955年4月5日[2]
国王
女王
ジョージ6世
エリザベス2世

内閣 アスキス内閣(自由党)
チェンバレン内閣(保守党)
在任期間 1911年10月23日 - 1915年5月26日[3]
1939年9月3日 - 1940年5月10日[3]

内閣 第2次ボールドウィン内閣(保守党)
在任期間 1924年11月6日 - 1929年6月4日[3]

内閣 アスキス内閣(自由党)
在任期間 1910年2月14日 - 1911年10月[1]

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 オールダム選挙区English版
マンチェスター・ノース・ウェスト選挙区English版
ダンディー選挙区English版
エッピング選挙区English版
在任期間

1900年10月1日 - 1908年4月24日


1908年5月9日 - 1922年11月15日
1924年10月29日 - 1964年10月15日
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1953年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:歴史や伝記の記述の熟達に加え、高揚した人間の価値についての雄弁な庇護者であること

ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチル英語: Sir Winston Leonard Spencer-Churchill, KG, OM, CH, TD, PC, DL, FRS, Hon. RA1874年11月30日 - 1965年1月24日

イギリスの政治家。保守党政治家 R.チャーチル卿の長男。 1894年サンドハーストの陸軍士官学校卒業。キューバ,インド,スーダン遠征および南ア戦争に参加。 1900年に保守党下院議員となったが,04年関税政策に反対して自由党に移り,植民省次官,内相などを経て,第1次世界大戦時には海相,軍需相として活躍。戦後陸相として対ソ干渉戦争を推進,次いで植民相となった。 24年保守党に戻り,24~29年蔵相に就任。第2次世界大戦前には対独宥和政策に反対。開戦とともに海相となり,40年首相に就任。フランスの敗北,イギリス本土の空爆など困難な政局にもめげず,アメリカ,ソ連と協力して最終的な勝利に導いた。戦後の 45年総選挙に敗れ辞職した (鉄のカーテン ) が,51~55年首相に復帰。 53年ノーベル文学賞を受けた。主著『第2次世界大戦』 The Second World War (6巻,1948~54) 。

脚注

  1. 1.0 1.1 秦 2001, p. 511.
  2. 秦 2001, p. 514.
  3. 3.0 3.1 3.2 秦 2001, p. 512.